レオニダ、ニューウェーブ系ロックサウンドのバンドを聴く

スポンサーリンク

本日紹介するのは、東京を中心に活動する「レオニダ」さん。

UKロック、ガレージ、ニューウェーブなどをベースとしたサウンドが特徴的な4人組ロックバンド。

何度かのメンバーチェンジを経て、2017年初頭に現メンバーが集まり本格始動しており、2017年5月より、下北沢 CLUB Que、下北沢 BASEMENTBAR、Zher the ZOO YOYOGIといったライブハウスを中心に活動中。

スポンサーリンク

不思議な世界観とサウンドに引き込まれる

今回僕はGoogle Play Musicでレオニダさんの音楽を聴いたけど、なかなかに不思議な世界観で溢れている。そしてそこに引き込まれていく感じだ。

Lo-Fi系のバンドのような気だるさを備えている音楽が中心だけど、それは雰囲気だけであって、バンド隊のサウンドは結構しっかりした音や圧を出していたりする。

バンドさんの自己紹介に「メンバーが強く影響を受けたバンド」として、90年代の邦楽オルタナティヴ・ロックバンド「THE BLUE HEARTS、BLANKEY JET CITY、THEE MICHELLE GUN ELEPHANT」などを挙げているが、確かにそんな雰囲気が垣間見える。

こういったバンドのサウンドに、00年代ガレージ系や近年のニューサウンド計のバンドをミックスしたような雰囲気が出ている。

ちなみに、僕は「LASH」というナンバーが一番のお気に入り。

言葉で例えることが難しい雰囲気だけど、全体的にとにかく優しくてかっこいサウンドが魅力的だ。

配信中の最新アルバムをディスクユニオンで取り扱い開始

今回、すでにGoogle Play MusicやLINE MUSIC、Spotifyといった定額制音楽ストリーミング配信サービスで提供中の最新アルバム「変身」の CD版が、2017年12月13日からDISK UNION インディーズ取扱い店舗で販売されることが決まりました。

CD版のアルバム販売にあたり、バンドから以下のようなPR分が出ています。

『変身』について
ズレているあなたへ
自然に笑えない、うまくやれない、毎日楽しいわけじゃない。
変わらない、変えられない、何もしたくない夜もあって、それでも明日は来る。
自分は自分でしかいられない。
だから、僕たちにしかできない音楽を。
あなたも、あなた以外の一切がどうでもよくなるような
かけがえのないものを見つけて欲しい。
そんな、閉塞感を打ち破る一枚。

レオニダ / 変身 | diskunion.net JAPANESE ROCK・POPS / INDIES ONLINE SHOP

直近のライブ予定

今後年末に迎えて控えているレオニダさんのライブ情報を紹介しておきます。

  • 11/15(水) 下北沢 CLUB Que
  • 11/25(土) 西川口 Hearts
  • 12/04(月) 新宿 Motion
  • 12/13(水) 下北沢 CLUB Que
  • 12/18(月) 下北沢 CLUB 251
  • 12/28(木) 下北沢 BASEMENTBAR

Official Website:

レオニダ

スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。