定額制音楽配信サービスのDeezer、日本で使える日が近い?:小ネタ

スポンサーリンク

フランス発の定額制音楽配信サービス「Deezer(ディーザー)」が、日本で使える日がやってくるかもしれません。

いつからこうなっていたか不明ですが、Deezerのサイトに日本からアクセスすると「COMING SOON...Deezer, the streaming music service, will soon be available in your country.」と表示されます。

直訳すると「もうすぐ、あなたの国でもDeezerが使えるようになるよ!」ってとこですね。

とりあえず、アーリーアクセス権を入手できるように登録だけしておきました。

スポンサーリンク

世界180ヶ国・地域以上で利用できるDeezer

定額制音楽配信サービスといえばSpotifyやApple Musicのイメージが強いかもしれませんが、このDeezerもかなり有力なサービスです。

サービスの開始自体も2007年と音楽配信サービスの先駆けとして展開してきました。

サービスを展開している地域もヨーロッパやアフリカを中心に世界180以上の国と地域となっており、ライバルにあたるSpotifyは現状で世界60ヶ国・地域以上、Apple Musicが100ヶ国・地域以上となっているので、利用地域だけみると世界最大規模のサービスです。

アジア地域では韓国や、タイやラオスなどの東南アジアでサービスを提供していますので、ついに日本にもサービス範囲を拡大してもおかしくありません。

しかし一方で加入者に目を向けると、2017年1月時点でおよそ1600万人以上の利用者、600万人の有料会員となっておりSpotifyやApple Musicには大きく差をつけられています。このあたりはサービス展開の仕方など色々とありますが、苦戦しているようですね。

世界的に激しい競争が続いている定額制音楽配信サービスですが、これは日本も例外ではありません。

現状日本はAmazon Primeに付随しているPrime Musicの利用者数が最大と言われていますが、Deezerが参戦すれば、ますます市場は成熟へ近づいていきそうですね。

Source:

Deezer is coming soon!

スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。