浅草ジンタ プレゼンツ「浅草音天祭2017 本祭」全出演者決定!

スポンサーリンク

2017年12月3日(日)、鶯谷・東京キネマ倶楽部にて『浅草音天祭(あさくさのんてんまつり)』を開催すると発表した浅草ジンタ。

ついに本日、全5組のゲストアーティストが明らかになり、主催者の浅草ジンタからメッセージが届きました。

スポンサーリンク

東京下町、大阪、沖縄、豊田、浜松からもグローカルに活躍している長達が集結!

LOCAL&GLOBALがポリシーの浅草ジンタがゲストに招くのは、30年以上に亘り日本のスカ・シーンを牽引してきた THE SKA FLAMES や、昨年シンガポール公演を成功させますます注目を集めるキーボーディスト ADAM at など、“ワールドミュージック from 日本”を体現する面々。脇を固めるDJ陣は森雅樹(EGO-WRAPPIN‘)ら6名の参加が決まりました。

震災後の2011年から浅草街中のナイトスポットを盛り上げる目的で始まった『浅草音天祭』。約一週間、BAR、クラブ、居酒屋など浅草の街を巻き込んで、ライブ、ダンス、お笑い、DJイベントなどを行い、最終日は浅草ジンタプレゼンツのライブイベント『本祭』で締める。『本祭』の会場は、大正ロマン漂う元グランドキャバレー東京キネマ倶楽部。

地元発、世界へ発信し続ける彼らと過ごす『浅草音天祭2017本祭』は、君の魂が踊り、歓喜するすごい夜になること間違いありません!!

開催にあたってのメッセージ

『震災以来全てが下降線だった浅草も、経済政策と東京オリンピック決定で、海外の方も含めた観光客で溢れかえっています。しかし、嘘みたいな話ですが、多くの観光客が浅草に宿泊しているにも関わらず、深夜の浅草は22時以降ガラッと静まりかえり、まるで寂れた孤島のようになります。

本当の人のふれあいが減ってゆくのも、時代だと思うのですが、浅草にはまだまだ「遊べる、感じられる、こだわれる」ナイトスポットが沢山あります。それをまず、アーティストに認識していただき、そのオーディエンスを通して、この街の魂のようなものを、少しでも拡散出来たらと思います。

「浅草のナイトスポット」とは、若い世代による、浅草寺や浅草六区近辺のバーやスペース等です。これらのナイトスポットには、東東京ならではの、ものづくりや、芸人、アーティストが交流していて、カルチャー的に面白いコンセプトの店舗が数多く存在しています。今日もこれらのナイトスポットに芽吹く幾多の才能は、ある意味、これからの日本の未来でもあります。この小さくも素晴らしいシーンの発展のために「浅草のナイトスポット」と「音」を連動させた祭りを主催、企画してゆきます。

音天祭(のんてんまつり)で、少しでも東東京のナイトスポットとカルチャーが認知され、多くの人と繋がる事を期待します。そして、祭に訪れた皆さんにも、この素晴らしい下町の空気を感じ取ってもらい、愛着を感じてもらえれば幸いです。皆様のご参加の程、心よりお待ち申し上げます。』


浅草ジンタ  和尚

浅草ジンタ プロフィール

唸る世界最速スラップベース、突き抜けるホーン隊。勇ましくネイティブなメロディーとリリックス。祭りを感じる熱狂的なグルーブ。ネオジンタ(Japanese Hard March, Polka, Waltz)という特異なバンド形体。

2004年極東・浅草で孤高の土着型ロックバンドとして結成、三遊亭小遊三師匠より、浅草ジンタ(あさくさじんた、 Asakusa Jinta)と命名される。客員として公益社団法人 落語芸術協会所属。小遊三師匠、歌丸師匠をはじめ、ビートたけし氏、楳図かずお氏等、蒼々たるメンバーとのコラボレーションや、地元浅草に根ざした活動を行う。

並行し、フジロックフェスティバルや朝霧JAMなど国内の重要なフェスには連続参加し、インターナショナルなステージでの評価も高い。これまでに、アメリカ、スウェーデン、フィンランドツアー、オランダのLOWLANDS 、UKツアーなどを経て、2013年には世界最高峰のフェス、グラストンベリーフェスティバルへの出演を果たした。

バンドので活動の原動力であり、ポリシーでもある「ローカル&グローバルな活動」を実践しつづけ、2014年には活動10周年を迎え、円熟期に突入したライブバンドとして国内外で活躍中。

Source:

和尚 浅草ジンタ (@Oshow_Jinta) | Twitter

スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。