Sithu Aye(SenpAye)、アニソン風のボーカル付き楽曲を公開

スポンサーリンク

このブログでも何回か紹介しているDjent/プログレ系ギタリスト「Sithu Aye」が、まさかのボーカル付き音源をYouTubeに公開しています。

公開した楽曲は「The Contortionist」というアメリカ出身のプログレメタルバンドの「Reimagined」という楽曲を、Sithu Ayeのアニソン風にリミックスしたもの。

YouTubeの説明欄をみる限り、なんらかのリミックス・コンペに参加するために作ったみたいですね。

スポンサーリンク

またまた紹介、Sithu Ayeとは?

紹介するのは2回目ですが、Sithu Ayeはスコットランドのグラスゴーを拠点に活動するDJENT/プログレ系ギタリストです。

公開される楽曲は基本的にインストになっていて、奏でるサウンドはかなりヒロイックと、まさにギターヒーローって感じの音楽が魅了的です。

何度か日本でも公演していますし、当然欧米でも活動している、インスト界隈では知る人ぞ知る存在ですね。

ちなみに活動初期の音楽に耳を傾けると全然アニメと関係ないゴリゴリのプログレを演奏していたのですが、いつの間にかアニメ・アニソン色が強くなってきています。

注目すべきは、アニメやアニソンに対するリスペクトと熱量で、公開する楽曲のタイトルも「Oh Shit, I’m Late For School! (あぁ、遅刻しちゃう!)」とか「Senpai, Please Notice Me! (先輩、私に気付いて!)」といった、いかにも臭がプンプンする仕上がりです。

その甲斐あってか、Sithu Ayeという名前にかけて「SenpAye」という相性がついているくらいです。

もちろんタイトルだけでなく、その音楽性もかなりアニソンに影響されていますし、単純にアニソンに影響されているというだけでなく、何と言っても曲自体がカッコイイんですよ。さらに演奏も上手くて聴きやすいっていう。

まだ聴いたことがない人は、一度は聞いてみて損はない存在です!

Re:Imagined (Contortionist "Remix")を聴く

今回、突如YouTube上に公開された楽曲は、まさかのボーカル付き!

一瞬「オリジナルでボーカルつけたの?」と思いましたが、どうやら原曲ありのリミックス楽曲のようです。これまで公開されてきたSenpAyeの作品はインストばかりだったので、正直僕も驚きました。

しかし、原曲の雰囲気を失わずにSithu Aye得意のリフを駆使することで、かなり素敵な楽曲になっています。オリジナルの曲も素敵ですが、アニメ・アニソン大好きを公言しているSithu Ayeの手にかかると、良い感じにアニソン色が出ていて雰囲気があります。

YouTubeの説明欄に「需要はないけど、やりきった!」みたいな説明もありますが、需要ありますよこれ!

普通に今後の作品でもボーカル有りが聴きたくなったなぁ。

しかし、これ歌ってるの誰なんだろう、気になる。

Re:Imagined (Contortionist "Remix")


Re:Imagined (Contortionist "Remix")

The Contortionist - Reimagined(原曲)


Reimagined

スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。