YouTube Music Sessionって、アーティスト支援もあるらしい

スポンサーリンク

なんか、また新しく始まっていたので、紹介しておきます。

YouTubeは、これからの活躍が期待されるアーティストの支援を行うプログラム「YouTube Music Session (ミュージック・セッション)」を実施しています。

昨年は「YouTube Music Foundry (ミュージック・ファウンドリー)」ってプログラムを開始していましたが、これとは違うのかな?

ちなみに、YouTube Music Foundry」の紹介文は以下の通りでした。

YouTube は、これからの活躍が期待されるアーティストの支援を行うプログラム「YouTube Music Foundry (ミュージック・ファウンドリー)」を実施します。

・・・・。

完全に一緒ですね。笑

でも、YouTubeが音楽業界を支援している素晴らしいプログラムなので、紹介していきましょう!

アーティスト活動を支援するプログラム

YouTube Music Sessionでは、ミュージック・ビデオ制作における最新動向を学ぶワークショップを提供する他、アーティストへ YouTube チャンネルや動画の最適化方法、YouTube Space Tokyo において参加アーティストのパフォーマンス・ミュージック・ビデオ制作支援も実施します。

この内容も完全にYouTube Music Foundryと一緒です。

実際、昨年のYouTube Music Foundryでは10 組のアーティストの動画制作を支援していましたが、今回のYouTube Music Sessionでは、下記8組のアーティストを支援し、ミュージックビデオを作成しました。

  • Beverly
  • FIVE NEW OLD
  • PELICAN FANCLUB
  • ReN
  • Ryu Matsuyama
  • The Wisely Brothers
  • WONK
  • Yup'in

すでに、実施されたワークショップにて制作された8組のアーティストによるパフォーマンス ミュージックビデオも、YouTube上に公開されています。

今回のプログラム参加者は若干レコード会社の影を感じますが、それぞれ素敵な動画になっています。

このようにYouTubeは毎年プログラム名を変えてアーティストの支援をしていくのかもしれませんが、今後の動向も注目です。

Source:

YouTube Music Sessions 参加アーティスト パフォーマンス ミュージックビデオ

スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。