ソニーがDubsetと提携、MixtapeがEDM並の大ブームになるかも?

スポンサーリンク

いくつかのメディアが報じていますが、ソニーがDubsetとの提携を行いました。

これにより、これまでは著作権の問題から各種音楽配信サービスで配信できていなかったソニーが保有する音楽を利用したリミックス・トラックやDJミックス(いわゆるMixtape)の楽曲配信が加速するかもしれません。

海外(特にアメリカ)で拡がるリミックス文化

このブログでも何度か書いていますが、Dubset社は「MixBank」という技術を利用し、リミックスされた楽曲を解析・識別することで、リミックス内で使用されている音楽を特定し、権利を保有しているレーベルやパブリッシャーにロイヤリティを支払う仕組みを提供しています。

Dubsetは、すでにApple Musicとは提携しており、2016年3月から一部のリミックス楽曲を配信していました。

実際に2016年12月には、アメリカで発売された「The Hamilton Mixtape」という様々なアーティストが参加したミックステープが、ビルボードのトップ200チャートで1位を取ったというニュースがあったように、確実にリミックスされた音楽は、特にヒップホップ界隈で大きな渦を巻き起こしています。

これまではSoundCloud上でいわゆるアングラな活動が中心だったMixtape文化ですが、今回ソニーがレーベルとしては異例の提携を行ったことにより、今後のMixtape本格展開が、さらに加速していきそうな気もしています。

Mixtapeにより作成された音楽が、EDMのような一大ムーブメントを巻き起こす日も、そう遠くないかも(ある意味、もうブームになっているけど)。

ちなみに、こんな記事も書いているので、参考にしてみてください。

Source:

ソニー、リミックス楽曲を合法化

スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。