SoundCloudが173名の従業員を解雇、オフィスも2拠点に

スポンサーリンク

悲しいけど、これも時代の流れか・・。

ドイツ発の音楽共有サービスで、多くのクリエイターにより楽曲や、既存曲のDJミックスなどが多く配信されているサービス「SoundCloud」が、従業員の約半数にあたる173名の解雇をブログで発表しました。

ロンドンやサンフランシスコのオフィスも閉鎖し、チームをベルリンとニューヨークの2つのオフィスに統合したようです。

ここ数年ずっと経営難が指摘されていたので、やむを得ない措置かもしれませんが、本当に残念です。

発表では、「有料課金モデルや広告による収益で、過去12ヶ月で総収益は2倍以上にはなっているが、コストを削減して収益の成長を続けることで、SoundCloudの将来性を保つ」という内容になっています。

うーん、実際のところは、どうなんでしょうね。

いずれにしてもSoundCloudは好きなサービスなので、今後の動向も気になります。

Source:

A note from Alex Ljung

スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。