晴れてるのに傘、新体制後初となるMV「30年間」を発表

スポンサーリンク

東京都内で活動するバンド「晴れてるのに傘」が新体制となって活動を再開。同時に初音源「30年間」のMVをリリースした。

2012年結成のロックバンド

「晴れてるのに傘」は、2012年にVo.Gt.クマガイを中心 に結成されたバンド。

近年では弾き語りをメインに活動していたが 、今年7月に2013年から活動を共にするGt.ナンジョウマサト(ヤサグレハグレ)に加え、Dr.南條暢也(ex.まちぶせ)、サポートにBa.ジョンマツバラ(Weekday Sleepers)が参加し、バンドとしての活動を再開することに。

「30年間」は、現体制になってはじめてレコーディングされた楽曲で、MVは武蔵境STATTOでの迫力ある演奏シーンとドラマシーンを組み合わせた構成。

ドラマシーンでは、タイトルにちなんで「Jからはじまる鉄道会社 」や「Fからはじまる国民的ゲーム」「Sからはじまるワンコインショップ」など、1987年に創業した会社であったりスタートしたブランドを劇中でふんだんに登場させている。

ブルーハーツやエレファントカシマシなど、感情を素直に吐露するシンプルな歌詞と人懐っこいメロディ、泥臭さ満点の熱いライブパフォーマンスを武器に活動していく彼らの今後に期待したい。

音源の発売や今後のライブは未定のため、公式Twitterなどで今後の情報をチェックを。

晴れてるのに傘:30年間


30年間

プロフィール

晴れてるのに傘

2011年末:晴れてるのに傘を持った僕らは出会った。

2012年1月:下北沢、高円寺を中心に活動を開始する。

独特の歌声に、ポップで哀愁感漂うサウンドは正に唯一無二。

日常的で臆病な何処か懐かしい感じの漂うサウンド!!

2013年5月:新しくギタリストにナンジョウマサトex:パンダキッズ

2017年7月:ドラマーに南條暢也、サポートベーシストにジョンマツバラ 加入

Official Website

晴れてるのに傘 official website

スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。