AWAとLINE MUSICの有料会員数は同程度かも:売上が同じ

スポンサーリンク

絶賛サービス展開中の定額制音楽配信サービスである「AWA」ですが、これまでアプリのダウンロード数は公表されているものの、有料会員数は一切公表されていません。

これ、LINE MUSICもそうなんですけど、どのくらいの人が有料で使っているのか気になりますよね。

今回は、親会社であるavexが公開した2016年度の有価証券報告書内に、AWAの2016年度(2017年3月決算)の売上が記載されていましたので、そこから有料会員数を推測してみました。

年間売上が14億円、LINE MUSICと同程度

今回発表されたavexの有価証券報告書内では、2016年4月1日〜2017年3月31日までの実績として、売上が14.02億円、純損失21.06億円となっています。

相変わらずの凄まじい赤字ですが。

サービスを開始した2015年度と比較すると売上が増えて純損失は減っているので、今年度が赤字とはいえ黒字化に向かっているような気配はあります。

しかし、なかなか大変そうです。

話は逸れましたが、2016年の年間売上が14.02億円です。単純に12で割ると、毎月の売上が約1.2億円ですね。

・・・うん?

これと同じような数字、どっかで見たような・・・・。

そうだ、LINE MUSICの売上とほとんど一緒なんだ。

参考:

LINE MUSICは12月決算なので3ヶ月ほど数字の差はありますが、ほとんど同じ売上です。

ってことは、会員数も同じくらいなのかな。

LINE MUISCのときも同じような仮定をしましたが、年度の売上を、毎月同じ比率で成長していると仮定してみます。

その結果、以下のような感じでしょうか。

  • 2016年4月:0.7億
  • 2016年5月:0.8億
  • 2016年6月:0.9億
  • 2016年7月:1.0億
  • 2016年8月:1.1億
  • 2016年9月:1.1億
  • 2016年10月:1.2億
  • 2016年11月:1.3億
  • 2016年12月:1.4億
  • 2017年1月:1.5億
  • 2017年2月:1.6億
  • 2017年3月:1.7億
  • ---------------------------
  • 年間合計:14.3億

・・・自分で書いていて少し強引な気がするので、あくまで最低ラインの目安ってとこですね。

AWAの場合2016年末〜2017年初めにかけて、かなりテレビCMに力をいれていましたので、もう少し直近の売上は多い気もしますが。。

AWAの有料会員数は、最低でも17万人か?

AWAの有料プランは月額980円ですので、2017年3月の売上1.7億円の仮説が正しいとすると、その時点での有料会員数は17万人と推定できます。

もう少し強めにみても20万-25万人の間くらいと考えるのが妥当かもしれません。

これは結局、LINE MUSICと変わらない数字です。

そして、Apple MusicやSpotifyといった海外サービスには遠く及ばない数字です。。。

やっぱり少し寂しいなぁ。

先日LINE MUSICの有料会員数を想像した時にも書きましたが、「有料会員数はもっと多かったです!」って訂正記事が書けるような、公式発表を待ってます。

Source:

エイベックスグループ 有価証券報告書

スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。