Apple Musicが年間プランを開始、利用・登録方法がややこしい

スポンサーリンク

定額制音楽配信サービスの「Apple Music」は、個人会員向けに「年間プラン」の提供を開始しました。

これによって、通常のプランを1年間利用するより、2か月分にあたる1,960円お得になります。

が、、、年間プランが表示されないというか、若干、利用・登録方法がややこしいですね。

Apple Musicの年間プランを利用する方法

今回登場したApple Musicの年間プランですが、既にApple Musicを利用している場合と、新規でApple Musicを利用する場合で、若干登録方法が異なります。

新規でApple Musicを利用する場合

本日時点でApple Musicを新規で利用する場合、最初の登録画面に「年間プラン」が表示されないんですよね。

これまで3ヶ月無料のトライアルを利用していない場合や、すでにトライアル期間が終了してしまっている場合は、通常の「個人プラン:月額980円」しか表示されません。

この場合は、一度、月額プランに加入してから、年間プランに変更する必要があります。

まぁ、支払う金額は同じなのですが、どうせなら最初から年間プランに加入できても良かったのでは。。と思います。

既にApple Musicを利用している場合

この場合は、Apple Musicの設定からプランを変更できます。

でも、これも結構設定が深いんですよ。

まず、iPhoneを利用してる前提ですが、「iTunes StoreとApp Store」の設定から、自分のApple IDを選択します。

その後「アカウント」のページにおいて「登録」を選択し、Apple Musicを選択します。

そうすると、プランのところに「個人(1年)」という年間プランが表示されますね。

最初にも書きましたが、年間で1,960円お得なので、どうせ1年以上使う意思のある方は、年間プランに切り替えてしまった方がお得ですね。

スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。