SEVER、ラトビア発のラウド・メタル系ポストロック

スポンサーリンク

昨日に引き続き、今日も海外バンドを紹介していく。

今回書いていくのはGoogle Play Musicのレコメンドで出てきて知った、バルト3国の1つラトビア発のバンド「SEVER」という、ラウドやメタルコアよりのポストロックバンドだ。

最近のGoogle Play Musicはすっかり僕に最適化されてきているようで、けっこう知らない良い音楽やバンドをおすすめしてくれる。

ということで、書いていこう。

ラトビアってどこ?バルト3国ってどこよ?

この記事を読むにあたって、まずは「ラトビアってどこよ?」って人も多いかもしれない。

そして「バルト3国って何よ?」って人もいるだろう。

ということで、まずは「ラトビア」や「バルト3国」について紹介していく。

「ラトビア」はヨーロッパの中でも東に位置しており、いわゆる「東欧」と呼ばれる地域で、すぐ隣はロシア共和国とも面している。

また「エストニア」「ラトビア」「リトアニア」の3国を指して、「バルト3国」といわれているが、これは「バルト海」と呼ばれる内海に接しているからだ。

ちなみに世界地図でいうとここ。

地図を見てもらえれば分かるが、バルト海を面した先はスウェーデンなど北欧も近く、地理的・文化的にも北欧諸国やドイツ/ポーランドなどとつながりが深い部分もある。

音楽的にはピアノやチェロなどを多用したオーケストラの文化が盛んだが、ロックも負けていない。

先ほど紹介したように北欧やドイツと地理的にも近いことからか、ちょこちょこ「デスメタル」「メタルコア」系のカッコいいバンドが出てきたりしていて、「Enhet」とか「Frailty」といったバンドは、デスメタル好きなら知っているかもしれない。

が、今回紹介する「SEVER」は、だいぶキャッチーで日本人も好きそうなラウド系のサウンドなので、聴きやすい気がする。

SEVERの新しいEP「Hope」を聴いてみる

Facebookなどで調べたところSEVERは特定のレーベルには所属していないものの、2017年4月27日にDreambound musicのYouTubeチャンネルから新曲のMVを公開したところのようだ。

なるほど、Dreamboundから紹介されていたわけで、どうりで僕の好きな音楽だ。

公開された新曲「Hope」は、タイトにツーバスを刻むドラムに載せた少し悲しげなギターリフから始まる一曲。

ボーカルが入ってからも曲全体の切なさが消えないあたりが、日本でも受けそうなラウドロックの雰囲気を出していて、そこからサビに入ると、かなりキャッチーなメロディラインになってくるあたりも僕の好きな感じだ。

そしてつなぎにはいるCメロ部分では、しっかりとメタルとまではいかなくてもハードコアしているし、ギターのリフも適度に重たくて良い感じに聴けるし、さらに2回目の落としどころではピアノサウンドなんか入れちゃうあたりも、完璧に僕はツボを押さえられた。

最後の曲後半にかけてはボーカルのシャウト、パワフルなドラムンベース、かき鳴らすギターリフと全部入りのような展開になり一気に盛り上げて曲が終わっていく。

ガチガチのメタルやメタルコアというわけではないので、聴く人によっては「中途半端」と感じてしまうかもしれないが、好きな人にはハマる音楽だと感じている。まだまだ完全なインディーズバンドだけど、もしかしたらこれから出てくるかもしれないので、勝手に注目していきたい海外バンドの一つだ。

SEVER - Hope (OFFICIAL MUSIC VIDEO)


Hope

Sia - The Greatest (Rock/Metal cover) by SEVER


The Greatest by SEVER

スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。