正露丸の大幸薬品が音楽レーベル「SEIROGAN UTILITY RECORDS」設立

スポンサーリンク

あの「正露丸」で有名な大幸薬品が音楽レーベルを設立したようです。

なんとも不思議なニュースですが、本日から音楽レーベルの特設サイトを開設し、「ポジティブになる音楽」「緊張をほぐす音楽」「集中する音楽」「やる気が出る音楽」「イライラをなくす音楽」の5曲を配信しています。

それぞれ音響学者の和合 治久さんがアドバイザーとして監修しているようで、どの曲も体に良さそうな開設になっています。

有名トラックメイカーが作曲

今回公開された6曲は、EVISBEATSとMICHEL☆PUNCH、やけのはら、Kan Sano、PandaBoYといったトラックメイカーが作曲しており、どの曲にも正露丸のCMで有名な「あのラッパ音」がリミックスされています。

全曲、「お腹が痛くなった時にトイレで費やす」といわれる6分32秒の楽曲となっていて、特設サイトからダウンロードが可能です。

また再生中には「お腹が痛い時」に関する豆知識が流れたりするので、見ているだけでも面白いですよ。

SEIROGAN UTILITY RECORDS コンセプトムービー|セイロガン


SEIROGAN UTILITY RECORDS コンセプトムービー

実は音楽に明るい「大幸薬品」

今回の取り組みは正露丸キャンペーンの一環のようですが、実は「大幸薬品」は音楽に明るかったりします。

最近はあまり話題になりませんが、2015年4月に日本でも「音の商標登録」が可能になった時、まっ先にあのCMのラッパ音を商標として登録申請しました。

そしてその後、無事に商標として登録されています。

今回のレーベル設立も、一過性のキャンペーンではなく継続してレーベル活動してくれたら面白いですね!

Official Website

SEIROGAN UTILITY RECORDS

スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。