水曜日のカンパネラ、インターネット配信限定のライブを開催

スポンサーリンク

面白い取り組みが発表されたので紹介です。

JRA⽇本中央競⾺会は、2017年5⽉28⽇(⽇)に東京競⾺場で⾏われる第84回⽇本ダービー(GI)のプロモーションの一環として、5⽉10⽇(⽔)に、「⽔曜⽇のカンパネラ」による、⼀夜限りのスペシャルライブを開催すると発表しました。

今回のライブは東京の府中にある東京競⾺場にて開催されるのですが、なんと現地にお客さんは一切入れず、インターネット配信限定のライブになるとのこと。

すごいな。

インターネット配信のみのライブ

競馬場でのライブってだけでも凄いですが、完全無料のインターネット配信限定ってとこも本当に凄いです。

これまでも有名アーティストのインターネットライブ配信などはありましたが、基本的にはお客さんが入っているライブハウスやフェス会場からの配信でした。

それが今回は、会場にお客さんは一人もいなくて、ファンはインターネットを通じてしか視聴することができないという「ネット配信ありき」のライブになっています。

さらにはYouTube LIVEだけでなく、Facebook LIVEやTwitter(Periscope)といった複数のプラットフォームで同時配信するとも発表されており、かなり「ライブのネット配信」に重きを置いた取り組みになっていますね!

公式発表にもありましたが、「東京競⾺場において、無観客のインターネット配信限定ライブを⾏うアーティストは水曜日のカンパネラが初めて」とのことですが、そりゃそうだ。

ライブは一夜限り、アーカイブも24時間のみ

今回の配信ライブは5月10日(水)の21時から30分間が予定されており、ライブ後の映像は24時間限定で特設サイトにて視聴することが可能なようです。

既に特設サイトも公開されていますが、かなりの力の入れようですね!

特設サイト:http://umabi.jp/tokyo-yushun/

音楽(ライブ) x ITは、どこまで発展するか

今回は、JRAといった音楽と関係のない業界が、有名アーティストを担いで「配信限定のライブ」を開催する運びとなりました。

今後もこういった「配信限定のライブ」が、普通になっていくのかを、かなり注目しています。

お金や権利など色々な課題があって、かなり難しい問題だと思いますが。。

でも、今や「LINE LIVE」とかでライブ配信するアーティストは多くなってきましたし、「スタジオ配信ライブ」など実施しているバンドもたくさんいます。

なんなら、「遠く離れた場所からライブハウス/会場に向けて映像を配信するライブ」みたいな、インターネットを活用したライブも出てきました。

「音楽(ライブ)xIT」は、まだまだ色々な発展を遂げていくと思うので、今後の動向も注目です。

Source:

第84回日本ダービー(GⅠ)プロモーション「東京遊駿」水曜日のカンパネラが、東京競馬場を駆け巡る。史上初、完全⽣配信で行われる一夜限りの無観客LIVE!

スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。