LINE MUSICの有料会員数は2016年末で30万人前後?:推測

スポンサーリンク

絶賛サービス展開中の定額制音楽配信サービスである「LINE MUSIC」ですが、これまでアプリのダウンロード数は公表されるものの有料会員数は一切公表されていません。

今回は、親会社であるLINE株式会社が公開した2016年度の有価証券報告書内に、LINE MUSICの2016年度の売上が記載されていましたので、そこから有料会員を予測してみました。

スポンサーリンク

2016年度の年間売上が約14.5億円、ここから逆算

発表された有価証券報告書内では、2016年1月1日〜2016年12月31日までの実績として、売上が14.5億円あるものの純損失10.9億円となっていましたので、相変わらずの赤字です。

2015年度と比較すると売上も増えていますが、その分純損失も増えているので、なかなか大変そうです。

話は逸れましたが、年間売上が14.5億円です。単純に12で割ると、毎月の売上が1.2億円ですね。

そして、LINE MUSICのアプリダウンロード数は2016年1月には1000万ダウンロード、2016年5月には1500万ダウンロード、2017年1月には2000万ダウンロードとなっています。

だいたい平均して月に100万ダウンロードずつ増えていますので、その比率に合わせて売上も毎月成長していると仮定してみます。

その結果、以下のような感じでしょうか。

  • 2016年1月:0.7億
  • 2016年2月:0.8億
  • 2016年3月:0.9億
  • 2016年4月:1.0億
  • 2016年5月:1.1億
  • 2016年6月:1.1億
  • 2016年7月:1.2億
  • 2016年8月:1.3億
  • 2016年9月:1.4億
  • 2016年10月:1.5億
  • 2016年11月:1.6億
  • 2016年12月:1.7億
  • ---------------------------
  • 年間合計:14.3億

少し強引ですが、アプリダウンロード数から推測すると、2016年12月の売上は月間1.7億円前後だったと仮定できます。

全員が1000円のプランだった場合は、17万人の有料会員?

LINE MUSICにはいくつかのプランがありますが、全員が30日間無制限で利用できる月額1000円の「プレミアムプラン」のユーザーだと仮定すると、2016年12月時点での有料会員数は17万人と推定できます。

反対に全員が30日間20時間利用できる月額500円の「ベーシックプラン」だと仮定すると、2016年12月時点での有料会員数は34万人と推定できます。

さらに学割を適用した場合、最安価格の月額300円なので、全員が学生だと仮定すると(無い話ですが)、有料会員は57万人前後となりますね。

よって、少なく見積もっても2016年12月時点でのLINE MUSICの有料ユーザーは、17万人前後は確実と言えます。

最後に勝手に各プランの割合を「学割:ベーシック:プレミアム=1.6.3」程度と考えると、2016年12月時点のLINE MUSIC有料会員数は、約30万人前後と言えそうな気がしますね。(かなり乱暴な推測ですが・・・)

まとめると

繰り返しになりますが、かなり雑な推測です。

事実なのは「LINE MUSICの2016年、年間の売上が14.5億円」という点のみです。

2016年12月だけでこの売上を立てた可能性もゼロではありませんので(非現実的ですが)、その場合は有料会員数が145万人ですね。まぁ、これはないか。

何にしても、約1年程前にAWAの有料会員数を推定した時にも書きましたが、実際の数字は僕の想像を大きく超えていて、「ごめんなさい、間違ってました。すみません訂正します。」記事が書けるよう、LINE MUSICも有料会員数を公表してほしいところです。

Source:

LINE株式会社 平成28年12月期 有価証券報告書(PDF)

スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。