3次元の立体映像を使った遠隔ライブ配信が可能な時代に

スポンサーリンク

すごい時代になりました。

たまたま見かけたニュースですが、「チキパ」ことCheeky Paradeが3月13日からアメリカのテキサス州オースティンで開催される「SXSW」に映像出演することが決定しました。

映像出演ですよ、映像出演。

それも、3次元の立体投影により、まさにその場にアーティストがいるような3次元の映像投影ですよ。

チキパ×NTT研究所の最新テクノロジー×starRoのコラボ!

今回の取り組みは、NTTのイマーシブテレプレゼンス技術「Kirari! ®」を用いたパフォーマンスになっています。

チキパは日本でライブを開催するのですが、「Kirari! ®」のキーとなる「任意背景リアルタイム被写体抽出技術」と「超高臨場感メディア同期技術」を用いて、東京でリアルタイムに抽出・伝送されたアーティストのパフォーマンスが、ステージ内に多数設置された透明スクリーンにプロジェクションされます。

これにより、チキパのメンバーがステージ内を縦横無尽に動き回るという演出になるようで、東京とオースティンという途方もない距離を離れていながらも1つのセッション上でシンクロナイズするという、まさに“CYBER TELEPORTATION”なライブ体験のようです。

なるほど、よくわからん。

言葉で書いてもイメージがつきにくいですが、NTTによる「Kirari! ®」のデモ動画がYouTubeに上がっているので紹介しておきます。

イマーシブテレプレゼンス技術”Kirari!”


イマーシブテレプレゼンス技術”Kirari!”


いかがでしょうか。

これ、本当にすごいですね。

子どもの頃に夢見ていた3次元の立体映像によるライブパフォーマンスが、ついに実現するのでしょうか。近未来感溢れていてワクワクします。

残念ながら日本での同時配信はないようですが、追って映像をYoutube NTT公式チャンネル等で配信予定になっていますので、楽しみですね!

<2017.04.13追記>

映像が公開されました。

Source:

テキサス開催SXSWにて、チキパ×NTT研究所の最新テクノロジー×starRo コラボ決定!

スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。