Spotifyの仕組みはどうなってる?無料でもフルで聴けるのは何故?

スポンサーリンク

Apple MusicやGoogle Play Music、LINE MUSICやAWAなど多くの定額制音楽配信サービスがありますが、Spotifyには他のサービスと比較して決定的な違いが一つあります。

それば、Spotifyは「無料プランのユーザーも楽曲を1曲フルで聴ける」という点です。

「AWA」や「LINE MUSIC」の無料プランでは曲を30秒〜1分30秒ほどしか聴くことができませんし、Apple MusicやGoogle Play Musicは、そもそも無料では利用することができません。

なぜSpotifyは無料でも曲をフルで聴けるのか?

今回は、そんなSpotifyの仕組みやビジネスモデルについて書いていきます。

無料プランは広告収益をアーティストに還元

現状Spotifyは、月額980円のプレミアムプランと「広告付きの無料プラン」の2種類を提供しています。

プレミアムプランは月額モデルなので当然収益が成り立ちますが、無料プランでも「広告付き」という点が、「無料でも音楽をフルで聴ける」ポイントになっています。

現在Spotifyでは、モバイルアプリを利用している無料プランのユーザーに、15秒から30秒のスポンサー動画(広告)を見せることで、30分間広告無しで音楽を聴くことができる機能を提供しています。

楽曲を配信しているアーティストも、この広告により得た収益をライセンス利用料として還元してもらえるので、無料ユーザー向けにも音楽をフルで提供できているというわけです。

「広告付き無料プラン」は、ビジネスモデルとして成立しているのか?

ここまで読んでいただいた方であれば「Apple Music」や「LINE MUSIC」など、競合の音楽ストリーミングサービスも同じように「広告付き無料モデル」を提供すればよいのに、と感じるかもしれません。

なぜ競合の定額制音楽配信サービスは、無料で1曲フルで聴ける機能を提供しないのでしょうか。

そこにはいくつかの理由がありますが、「果たして広告付き無料プランは、ビジネスモデルとして成立しているのか?」という大きな課題がある為です。

少し技術的な話になりますが、Spotifyのようなサービスを提供するにあたっては音楽を配信する為に必要な配信サーバーやデータを保管しておくサーバーなど、システムを維持する為にも莫大なコストがかかります。

アーティストに対するライセンス利用料の還元は「広告収益」から賄うことが可能ですが、サーバー維持費だけでなくスタッフなどの人件費といった固定コストまで広告収益でカバーできているのかは疑問が残ります。

実際のところ、2016年3月時点でも「Spotifyは赤字体質が続いている」と報道されています。

Spotifyは2016年中に2000万人以上の有料会員を増やしたので現状は赤字体質が改善しているかもしれませんが、プレミアムプランのユーザーから得る収益を含めても、無料プランのユーザーに費やすコストを回収できていないのでは?と疑問が残ります。

この疑問は誰もが感じていることであるが故に、競合の定額制音楽配信サービスは、無料ユーザーには「1曲フルで音楽を提供しない」方針を決めたり、「そもそも無料プランが存在しない」という現状です。

とはいえ僕たちユーザーからすると「広告付きでも無料で1曲フルに聴ける」というサービスは、非常に有難いことでもあります。

やっぱり曲が途中で切れたりするのは嫌ですからね。(そもそも、有料プランに入れという話は無しで)

定額制音楽配信・ストリーミングサービスのビジネスモデルや独占配信合戦が注目されがちですが、2017年は「無料プランのユーザーに提供するサービス内容」にも、今後大きな変化が起こってくると考えているので、今回紹介してみました。

スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。