管楽器の練習に役立つアプリ「管カラ」を紹介[カラオケ風採点]

スポンサーリンク
ヤマハ株式会社は、2月20日からiPhone/iPad向けアプリケーションとして、ゲーム感覚で管弦楽器演奏を楽しめる楽器演奏採点アプリケーション『やろうぜ管カラ!』をリリースしました。

本日よりApp Storeから無料でダウンロードできるでの、早速試してみました。

管楽器の練習をしたうえで、カラオケ風の採点までしてもらえるという、なかなかの優れものですよ。

管楽器練習アプリ「やろうぜ管カラ!」とは

やろうぜ管カラは、アプリの伴奏に合わせて対応楽器を演奏するだけで、リアルタイムに演奏が分析・評価され、点数として表示されるアプリケーションです。

楽器の種類にもよりますが、マイクやイヤホン、スピーカーなどの外部インターフェイスや特別な機器を取り付けなくても、基本的にはiPhoneやiPadに向かって楽器を演奏するだけで使用することができます。

演奏の評価はリアルタイムで分析され、音程だけでなくタイミングや演奏技法までリアルタイムで分析し、演奏後に評価が点数として表示されたり、評価コメントが表示されたりするため、カラオケの採点機能のようにゲーム感覚で楽しむことができます。

やろうぜ管カラ!を使ってみた

ということで、早速ダウンロードしてアプリを使ってみました。

ただし、家の中で管楽器は吹けないので、採点までは行っていません。

今度シンセサイザーの音源で試してみようかな・・。

アプリを起動する

この感じ、カラオケの画面を意識していますねー、本当にありそうです。

楽器を選択する

最初の画面はこんな感じですね。

管楽器の練習用アプリを謳うだけあり、一通りの楽器を認識できるようで、自分が演奏する楽器を選択します。

「アルトリコーダー」「ソプラノリコーダー」「フルート」「クラリネット」「アルトサックス」「テナーサックス」「トランペット」「トロンボーン」「バイオリン」と、全9楽器を選択することができます。

なぜ「バイオリン」が入っているのかは謎過ぎですが、見なかったことにしておきます。

曲を選んで演奏開始

練習モードと演奏モードの両方を選べますが、練習モード」ではメトロノーム機能や早送り・早戻し機能に加えて、キーやテンポを変更する機能や、特定の部分のみを繰り返し練習できる機能も備え、効率的な練習が可能となっています。

あとは、演奏するのみ!

設定からチューニング変更も可能

さすが管楽器の練習アプリだけあって、周波数のチューニングができる点も良いですね。

基本の「440hz」や「442hz」は当然、430-450hzの間でチューニングできるようです。

今後は練習曲の追加も

現状プリセットされている練習曲は3曲だけでしたが、プリセットされている楽曲に加えて、今後は楽曲コンテンツの有料販売も予定されているようです。

J-POPの人気曲や往年のヒット曲、吹奏楽演奏会などで人気の高い定番曲などのデータ追加も予定されています。

カラオケ気分で自分の演奏を採点してもらえるのは楽しいしくみなので、是非一度お試しあれ!


やろうぜ管カラ!
やろうぜ管カラ!
開発元:Yamaha Corporation
無料
posted with アプリーチ

Source:

管弦楽器演奏を評価して採点、ゲーム感覚で楽しみながら練習できる音楽アプリiPhone/iPad向けアプリケーション『やろうぜ管カラ!』

スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。