AWAとLINE MUSICの独占・先行配信曲の違いを調べてみた

スポンサーリンク

独占配信や先行配信・・・。

AWAやLINE MUSICといった定額制音楽配信サービス界隈の重要なキーワードです。

海外でもTIDALやSpotify、Apple Musicなどが有名アーティストの楽曲独占・先行配信勝負を繰り広げていますが、日本でも同じこと。

◯◯の音楽を聴きたいから◇◇(アプリやサービス)を使う」となるような狙いですね。

週末暇だったので、これまでにAWAとLINE MUSICが取り組んできたアーティストの「独占・先行配信勝負」の楽曲や違いを一部ですが調べてみました。

いってみましょう。

LINE MUSICの独占配信・先行配信の歴史一部

では、早速LINE MUSICにて独占配信や先行配信された楽曲の歴史を見て行ってみましょう。

  • クリープハイプ、シングル「破花」より2曲をLINE MUSIC独占で先行配信:2016/03/15
  • SHISHAMO、初のライブ音源をLINE MUSICで独占配信スタート:2016/03/09
  • SHINee「君のせいで」LINE MUSIC先行配信:2016/05/02
  • Galileo Galileiの新曲「車輪の軸」、LINE MUSICにて先行配信スタート:2016/06/07
  • lol、新曲「starlight」がLINE MUSICにて独占配信&TVCMオンエア:2016/06/09
  • BLUE ENCOUNT、LINE MUSICで「だいじょうぶ」独占先行配信:2016/06/21
  • I Don't Like Mondays.、シングル「TONIGHT」LINE MUSIC先行配信:2016/07/03
  • 東方神起 NEWアルバム「Two of US」より3曲をLINE MUSICで先行配信:2016/09/13
  • 清水翔太、スタジオ・セッション・ライブ音源をLINE MUSICで独占先行配信:2016/11/30
  • Da-iCE、AWAとLINE MUSICにて新曲を1曲ずつ先行配信:2016/12/28
  • 青山テルマが新曲「My Only Lover」 をLINE MUSICで先行配信:2017/01/18
  • ベリーグッドマン、新曲「はじまりの恋」をLINE MUSICで先行配信:2017/01/31

AWAの独占配信・先行配信の歴史一部

次にAWAにて独占配信や先行配信された楽曲の歴史を見て行ってみましょう。

  • 槇原敬之の楽曲がAWA独占で初の定額配信:2015/12/10
  • BEGIN、AWAで楽曲独占配信スタート:2016/06/15
  • 浜崎あゆみの新曲、AWAで先行配信:2016/06/30
  • EXILE ÜSAのユニット「DANCE EARTH PARTY」の新曲をAWAにて独占先行配信:2016/09/23
  • Dream Ami、「Lovefool -好きだって言って-」をAWAにて独占先行配信:2016/09/29
  • My Little Lover全楽曲をAWAにて独占先行配信:2016/11/14
  • EXO、新曲「Run This」「TACTIX」をAWAに独占先行配信:2016/11/18
  • BOOWY、AWAにて先行配信:2016/09/05
  • U-KISS、新曲「Lots of love」をAWAで先行配信:2016/11/29
  • 山口活性学園のニューアルバム収録曲「ISHINE」をAWAにて独占先行配信:2017/01/25
  • 大橋トリオ、新曲「摩天楼バタフライ」をAWAにて先行配信開始:2017/02/01

完全な独占配信より独占先行配信がトレンドに

いかがでしょうか。

こうやってみると、結構ありますね。

それも「独占先行配信」と銘打って、「他のサービスでも配信するけど、特定のサービスでは早めに聴くことができるよ」という方法です。

特定サービスだけの独占配信にしてしまうと聴けないファンから不満が出てくるかもしれませんが、先行配信であれば、好きなアーティストの音楽を少しでも早く聴きたいというファン心理をついていますね。(もちろん、本当に"独占配信"しているアーティストもいますが。)

今回紹介した「独占先行配信」は一例ですが、各サービス資本の特色も色濃くでており、AWAではavex系アーティストの楽曲を多く「独占先行配信」しています。

一方LINE MUSICはavex系だけでなく、ソニー系やユニバーサル系など複数のアーティストの楽曲を「独占先行配信」していますね。

果たして「先行独占配信」がサービスのマーケティング的にどこまで効果が出ているのか僕には分かりませんが、今後の動向も注目していこうと思います。

スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。