YouTubeの音楽ライブ動画は、なぜ再生回数が少ないのか考えた

スポンサーリンク

今日は小ネタというか疑問というか。

以前から僕は「ライブ動画の生配信」が音楽業界でも2017年のキーワードだと書いてきていますが、「生配信ではない音楽ライブの動画」って、あんまり再生回数(需要)がないことに気づいています。

YouTubeの再生回数=需要って考えるのかは少し乱暴かもしれませんが、今回は何故YouTubeの音楽ライブ動画の再生回数が少ないのか考えてみました。

それでは、いってみましょう。

YouTubeではライブ動画よりMVの方が再生回数が多い

YouTubeは無料で見れるので「純粋に見たいと思って調べた人・検索した人」が動画を見ていると思うんですよね。

そこで、邦楽・洋楽のアーティストを何組か適当にピックアップして調べてみたのですが、どのアーティストも「LIVE」動画よりも、「Official Music Video」とかの方が再生回数が多いんですよ。

調べた再生回数は本日(2017年1月19日)時点の数字ですが、何組か紹介してみます。

ONE OK ROCKの場合

再生回数に約7倍の差があります。もちろん公開時期は1年以上違いますが、それでも7倍は多い気がします。

BUMP OF CHICKENの場合

再生回数におよそ2倍の差があります。なんなら「Official Music Video」の方が後から公開されているのにも関わらず、再生回数が多いです。

Maroon 5の場合

公開タイミングは1ヶ月しか違いませんが、MVの方が100倍以上再生されています。。いったいこれはどういうことだ。

Coldplayの場合

こちらも公開タイミングは1ヶ月しか違いませんが、やはりMVの方が100倍ほど多いです。うーむ・・。

Zeddの場合

同じく1ヶ月の公開タイミング違いですが、約4倍も再生回数が違います。

「音楽ライブ動画」の再生回数が少ない理由を考えてみた

今回は有名なアーティストばかり例にあげましたが、別にこれはインディーズバンドとかでも同じです。

それでは、僕なりにライブ動画の再生数が少ない理由を考えてみました。

公開タイミングの違い

真っ先に思いついた理由はこれです。

最初にミュージックビデオが公開されるので、多くの人が注目している時にミュージックビデオが再生され、再生回数が増えているだけという理由です。

「ライブ動画」が公開されるタイミングでは既に旬を過ぎてしまっていて、再生回数が伸びないだけ。

・・・でも、100倍近く差がつくのは納得いかないし、BUMP OF CHICKENのケースを説明できないなぁ。

YouTubeの検索表示の仕組みが原因

次に思いついた理由は「YouTubeの検索表示の仕組み」です。

繰り返しになりますが、多くのアーティストが「ライブ動画」よりも先に「MVやPV」をYouTubeに公開しています。

当然先に公開された動画の方が多く再生されますし、長時間再生されるので、検索結果で上位に表示されます。

聴きたい音楽を探している人はライブ動画だろうがMVだろうが音楽を聴くことができれば満足なので、上位に表示される動画を押すだけなので、それが理由でMVの再生回数が増えているという理由です。

ライブ動画に興味がない(MVで満足)

そして最後に考えついた理由というか結論がこれです。

ここまで書いてきた理由からもそうですが、「ライブ動画」だろうが「MV」だろうが、どちらも聴きたい音楽が聴けるので、そこに大きな違いは無いのでは、という結論になりました。

わざわざ「ライブ動画だから見たいー!」という心理には、ならないということですね。

きっと音楽を探す時にも「曲名 MV」といったキーワードで検索するので、先にミュージックビデオが表示されるんでしょうね。

また「ライブ」は、多くのリスナーにとって参加することに意味があるものだと思いますし、それが普通なんでしょう。

・・・・無理やり感のこじつけが出てしまってますね。

それでもライブ動画を公開する意味は

いかがでしょうか。

MVの方が圧倒的に再生回数が多いのであれば、ライブ動画を公開する意味はないように感じるかもしれませんが、そんなことないです。

「ライブ動画を見たからライブにも参加してみたい!」って感じる人はいると思うので、ライブ動画を公開すること自体に意味はありますよね。

また数は少なくても「ライブ動画」を見ている人、見たいと思っている人は必ずいます。(僕もその一人です)

最近では多くのインディーズバンドが「ライブMV」なるものを公開していますが、実はこれが「ライブの雰囲気も伝わる」し「音楽も聴ける」ので、最も効果的なのかもしれないですね。

少し締まらない内容になってしまいましたが、今回は気づいた小ネタというか疑問でした!

今後も今回の疑問については深掘りしていこうと思います。

スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。