世界で最も裕福なギタリスト、資産トップ10が発表される

スポンサーリンク

ギタリストを中心とした情報を掲載する海外メディア「MusicRadar」が、本日(2017年1月4日)時点の「世界で最も裕福なギタリストTOP10の資産」を発表しました。

ということで、カウントダウン形式での発表とともに、代表曲を紹介していこうと思います。

それでは、いってみましょう。

スポンサーリンク

世界で最も裕福なギタリストTOP10

情報源であるMusicRadarでは、資産額を「£(ユーロ)」で表示しています。

本日時点で1ユーロは約122円なので、日本円に換算する場合の参考にしてみてください。

10位.Ronnie Wood - £55 million

第10位にはローリング・ストーンズのギタリスト「Ronnie Wood」がラインクイン。総資産は日本円に換算すると、約68億円です。

僕の中で代表曲といえば、やはり「Satisfaction」ですね。

Satisfaction


Satisfaction

第8位.Pete Townshend - £75 million

第8位にはザ・フーのギタリスト「Pete Townshend」がラインクイン。総資産は日本円に換算すると、約92億円です。

ザ・フーも、ビートルズやローリング・ストーンズと同じくイギリスを代表するロックバンドですし、僕は「I Can't Explain」が最も好きな曲ですね。

I Can't Explain


I Can't Explain

第8位.Mark Knopfler - £75 million

同率8位にも、イギリス出身のギタリスト「Mark Knopfler」がランクイン。総資産は日本円に換算すると、約92億円です。

バンドのギタリストではないですが、ギタリスト・シンガーソングライター・プロデューサーととして、幅広く活躍しています。

他のアーティストに比べると比較的若いアーティスト(それでは60歳後半ですが・・)であり、僕が好きな曲は「What It Is」です。

What It Is


What It Is

第7位.David Gilmour - £100 million

第7位にはピンク・フロイドのギタリスト「David Gilmour」がラインクイン。総資産は日本円に換算すると、約123億円です。

ピンク・フロイドでは、ギタリストだけでなくボーカリストとしても活動している他、ソロでも作品を発表している。

ピンク・フロイドの楽曲で、僕の一番のお気に入りは「Learning To Fly」。ギターがカッコよすぎです。

Learning To Fly


Learning To Fly

第6位.Jimmy Page - £105 million

第6位にはレッド・ツェッペリンのギタリスト「Jimmy Page」がラインクイン。総資産は日本円に換算すると、約129億円です。

レッド・ツェッペリンについては言うことがないくらい有名ですが、逆に言うとJimmy Pageでも6位なのかと少し驚きました。

レッド・ツェッペリンの有名曲といえば、やはり「移民の歌(Immigrant Song)」ですね。あのリフとイントロは一度聞いたら耳から離れません。

Immigrant Song


Immigrant Song

第5位.Brian May - £120 million

第5位にはクイーンのギタリスト「Brian May」がラインクイン。総資産は日本円に換算すると、約147億円です。

このあたりの名前を聞くと、ギタリストやバンドマンだけでなく、多くの人が知っている有名なギタリストですね。

クイーンの代表曲はたくさんありますが、僕はやっぱり「We Will Rock You」が一番のお気に入りです。

We Will Rock You


We Will Rock You

第4位.Eric Clapton - £160 million

第4位にはジェフベックやジミー・ペイジと並ぶ世界3大ギタリストの一人「Eric Clapton」がラインクイン。総資産は日本円に換算すると、約197億円です。

「クリーム」や「デレク・アンド・ザ・ドミノス」といったバンドのギタリストとしても活躍していましたが、ソロとしても有名です。

多くの代表曲がありますが、僕が一番好きな曲は「Change The World」です。

Change The World


Change The World

第3位.Keith Richards - £220 million

第3位にはローリング・ストーンズのギタリスト「Keith Richards」がラインクイン。総資産は日本円に換算すると、約270億円です。

先ほども書きましたが、僕の中でローリング・ストーンズの代表曲といえば、やはり「Satisfaction」です。

Satisfaction


Satisfaction

第2位.The Edge - £500 million

第2位にはU2のギタリスト「The Edge」がラインクイン。総資産は日本円に換算すると、約613億円です。

ここへきて、資産の総額が跳ね上がりました。

説明するまでもありませんが、U2も偉大すぎるロックバンドです。

僕が一番好きな曲は、U2を一気に有名バンドに押し上げた「Pride (In The Name Of Love)」です。今聞いても、全く古い感じがしなくて素敵な曲です。

Pride (In The Name Of Love)


Pride (In The Name Of Love)

第1位.Paul McCartney - £760 million

そして第1位には、ビートルズのギタリスト「Paul McCartney」がラインクイン。総資産は日本円に換算すると、約933億円です。

もう言うことはありませんね。

多くのロックバンドに影響を与えてきたビートルズの楽曲です。そんな楽曲を演奏する「Paul McCartney」が第1位です。

僕が一番好きなビートルズの楽曲は「Penny Lane」ですね。

Penny Lane


Penny Lane

まとめると:イギリスのギタリストばかり!

いかがでしょうか。

10位と1位の間に860億円近い資産の差がありますが、何にしても恐ろしい金額ですね。

そして注目すべきは、ほとんどが1960年〜80年にかけて登場したイギリス出身ロックバンドのギタリストであるということです。

いかに、この頃に登場したギタリストが現代の音楽に多くの影響を与えて、いまだに第一線で活動しているかがわかりました。

言い換えると、若いギタリストは全くランクインしていないことになります。

今後、彼らのように資産を築き上げる偉大なギタリストが出てくることは難しいかもしれませんね。

Source:

10 of the richest guitarists in the world today

スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。