TIDAL、MQAによるハイレゾ相当の音楽ストリーミング配信を開始

スポンサーリンク

ラッパーのJay Zが手がける定額制音楽配信サービス「TIDAL」ですが、MQAによるハイレゾ相当の高音質ストリーミング配信「Tidal Masters」を開始したと発表しました。

TIDALは2015年のサービス開始時点から、MQAを用いたハイレゾ相当のストリーミング配信に対応するとアナウンスしていましたが、ついに実現した形になります。

残念ながらTIDALを日本から利用することはできませんが、ハイレゾ相当の音楽ストリーミングサービスということで、紹介しておきます。

96kHz/24bitのストリーミング配信に対応

今回追加される「Tidal Masters」は、「96kHz/24bit」の品質でストリームされ、月額19.99ドルで提供中の高品質サービスである「Tidal HiFi(44.1kHz/16bit)」の加入者のみ利用可能になっています。

さらにはiPhoneやAndroidといったモバイル向けには提供されず、デスクトップ経由での利用になっているようです。

これまでもTidalは、しばしば音質が悪いと言われるストリーミング音楽配信サービスにおいて、高品質なストリーミング配信を提供し業界をリードしてきました。

実際の加入者獲得などではApple MusicやSpotifyを相手に苦戦しているようですが、今後は他サービスも「高品質なストリーミング配信」を追従する可能性があります。

Source:

TIDAL LAUNCHES THE INDUSTRY’S FIRST ‘MASTER-QUALITY’ STREAMING SERVICE

スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。