インスタグラムのライブ配信が日本でも利用可能に、やり方・配信方法

スポンサーリンク

2016年11月に機能追加が発表されたインスタグラム(Instagram)のライブ配信機能ですが、ついに日本でも利用できるようになりました。

正確にはいつから日本で利用できるようになったのかわかりませんが、本日1月18日時点で一般のユーザーも配信できるようになっています。

ということで、配信方法と視聴方法をざっと確認しておきました。

誰かライブハウスから音楽のライブ配信とかやらないかな。

スポンサーリンク

インスタグラムのライブ配信とは

インスタグラム(Instagram)のライブ配信機能は、投稿した写真や動画が一定時間で消える「Instagram Stories」の機能追加として発表されました。

そうなんです、ストーリー(Stories)の追加機能なの、当然、ライブ配信後に動画は消えます

アーカイブとして残したくない動画、生配信限定のライブ動画として利用することができますね。

以前も書きましたが、多くのインディーバンドやアーティストが「Instagram」のアカウントを活用していますので、近いうちにライブハウスの動画を配信するアーティストが出てきそうです。

最大1時間までの動画がライブ配信できるようなので、本当に誰かライブやスタジオライブなどの配信をやってみてほしい。

インスタグラムのライブ配信の方法・やり方

それでは、個人ユーザーがライブ配信を実施する方法を書いていきます。

いたって単純というか簡単なステップで配信できますね。

1.インスタグラムのストーリーを選択

まずはインスタグラムのアプリを最新版にアップデートします。

アプリを起動後、ストーリーを選択すると、「通常」タブの横に「ライブ」メニューが表示されています!

2.「ライブ配信を開始」を選択して配信開始!

「接続を確認しています」と表示され、問題がなければライブ配信が開始します。ライブ配信中は画面左上に「LIVE」アイコンが表示されます。

3.終了する場合は画面右上の「終了する」をタップ

「ライブ動画を終了する」を選択してライブ配信は終了です。配信終了後には視聴者の数も表示されます。また配信した動画は消去されるのでアーカイブとしては残りません。

インスタグラムのライブ配信の視聴方法

キャプチャーを撮れていないのですが、ライブ配信をしているフォロワーがいるとアイコンの横に「LIVE」アイコンが表示されます。

配信している人がいれば、アイコンをタップするだけでライブ配信を見ることができますね。

ライブ配信アイコンをキャプチャーできたタイミングで更新しようと思います。

スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。