Google Play Musicの通信量はどのくらいか測ってみた

スポンサーリンク

毎度お馴染み定額制音楽配信サービスの通信量を調べる企画、今回はGoogle Play Musicです。

これまでSpotify、AWAと実施してきましたので、今回で3サービス目になります。

僕はメインでGoogle Play Musicを利用しているので、何かの参考になればと思い、まとめておきます。

あくまで僕の環境で調べた結果なので、参考程度にということで!

それでは、いってみましょう。

スポンサーリンク

Google Play Musicの音質はどのくらい?

まず調査を実施する前に、Google Play Musicの音質を調べてみましたのですが、公式には音質が公表されていませんでした。

Google Play MusicをPCで利用している場合は音質の設定も見当たりません。

モバイル版のGoogle Play Musicアプリのみ「モバイルネットワークのストリーミング品質」という設定項目がありました。

GoogleのFAQにも以下のような記載がありますね。

端末で音楽をストリーミングするとき、Google Play Music アプリはインターネット接続の速度に応じてストリーミング品質を自動的に調整します。高速インターネット接続時は、低速インターネット接続時よりも高品質(最大 320 kbps)で音楽がストリーミングされます。
引用:音楽のストリーミング品質の変更

実際の音質・品質ビットレートに関する数字はありませんが、「低・中・高」の3段階で設定でき、最大ビットレートが320kbpsとなっていますね。

モバイルネットワークでGoogle Play Musicを聴いた場合の通信量

それでは、実際にモバイルネットワークで音楽を聴いた場合の通信量を測ってみます。

音質を「低・中・高」のそれぞれに設定した上で、10分間同じ曲を聴いてみたデータの比較です。

利用したSIMとスマートフォンはauのLTEプランでiPhone 6を使っています。

ストリーミング品質「低」で聴いた場合

1回目:8.1MB(3曲)

2回目:7.3MB(2曲)

このデータから、ストリーミング品質「低」の場合は、ビットレートが96kbpsであると推測できます。

96[kbps]*10[分]*60[秒/1分] / 8[bit/byte] = 7200[KB](約7MB)

ストリーミング品質「中」で聴いた場合

1回目:13.8MB(3曲)

2回目:12.2MB(2曲)

このデータから、ストリーミング品質「中」の場合は、ビットレートが160kbpsであると推測できます。

160[kbps]*10[分]*60[秒/1分] / 8[bit/byte] = 12000[KB](約12MB)

ストリーミング品質「高」で聴いた場合

1回目:24.4MB(3曲)

2回目:22.9MB(2曲)

このデータから、ストリーミング品質「高」の場合は、ビットレートが320kbpsであると推測できます。

320[kbps]*10[分]*60[秒/1分] / 8[bit/byte] = 24000[KB](約24MB)

以上の結果から、音質設定によりバラツキはあるものの「10分で約7MB-24MB」の通信量であると推定できますね。

ストリーミング品質「高」の場合は料金や通信制限に注意!

いかがでしょうか。

移動時や外出時など、4G/LTEのモバイル回線でGoogle Play Musicを利用する場合は、通信量に気をつけたり、音質の設定を「低」にしておく必要がありますね。

音質設定「低」で聴いていても、長時間聴いていると1GBの通信量に達してしまいますので、利用できる環境があるのであれば、Wi-Fiを利用して音楽を聴いた方が良いといえます。

まとめると

今回ざっくりとした計算ではありますが、4G/LTEといったモバイル回線でGoogle Play Musicを利用した場合の通信量を調べてみました。

繰り返しになりますが、利用する端末や回線、回線状況によって色々と差が出てくると思いますので、あくまで参考程度です。

以上、通信量に気をつけながらも、よい音楽ライフを!

スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。