Gi Gi Giraffe、欧州風味のサイケ&ローファイポップ

スポンサーリンク

今回紹介するバンドさんは、東京を中心に活動している「Gi Gi Giraffe」さん。

先日書いたVideo Clipperというアプリで360度VRライブ動画を見たんだけど、素敵な音楽なので紹介してみる。

Gi Gi Giraffeとは?

僕も、出会ったばかりなので詳しいことがわかっていないが、Gi Gi Giraffeは、メンバーの一人であるギターの「Keiyu Yamamotoによる宅録プロジェクト・宅録ジャムバンド」のようだ。

ただし、アー写には男性3人が写っていたり、先日見たライブでは5人で演奏されていたりと、バンドとしての体があるのか、または正式なメンバーがどこまでか把握できていない。

2015年12月記載のこんな記事を見つけたので、おそらく3人が正式メンバーなのだろう。

参考:【NEW】2016年の注目株 Gi Gi Giraffeのススメ

なんてことだ、耳の早い人は一年前から注目しているじゃないか。

サイケでローファイなGi Gi Giraffeの音楽

今回、僕はGi Gi Giraffeさんの音楽を初めて聴いたわけだけど、一言で表すならイギリスやスペインなどヨーロッパで活動していそうなサイケでローファイでポップな音楽を演奏されている。

サイケっていうと深くて重いノイズとか低音・高音の多用とか想像するかもしれないけど、いたってシンプルな曲が多い。

聴いてもらえればすぐに分かると思うけど、楽曲は全体的に良い意味で軽いギターの音が繰り返し鳴り響いていて、気軽に心地よく聴くことができる。

そこにノイズを効かせたボーカルだったりクリーンな声だったりが合わさって、ほどよい適当感・脱力感がにじみ出ている。

曲によっては「女性が歌ってるの?」と感じる曲もあるけど、メンバーに女性はいないので、きっとボーカルさんは、すごく綺麗で好き通った声を出しているんだと思う。

日本では「ローファイ」って、まだまだ馴染みのないジャンルだけど、野外フェス系では確実に動きが出てきていると思う。

実際Gi Gi Giraffeさんも2016年のフジロック'16 ROOKIE A GO-GOにも出演されたみたいだし、「ローファイ」というジャンルとともに注目していきたいバンドさんだ。

Gi Gi Giraffe - Better Each Day (Official Video)


Better Each Day

Gi Gi Giraffe - Cynical Beat

Official Website

Gi Gi Giraffe

スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。