AWAやLINE MUSICが流行らない理由は、全部YouTubeにあるから?

スポンサーリンク

みなさん、AWAやLINE MUSIC、SpotifyやApple Musicといった定額制のストリーミング音楽配信サービス使っていますか。

僕は愛用しているのですが、周りを見てみても、いまいち使っている人も少なくて、サービス流行っていない気がしています。

良いサービスなんだけどなぁ。

使っていない友人に理由を尋ねると「ストリーミング型(サブスクリプション)音楽配信サービスは聴きたい曲が見つからない」「YouTubeで満足しているから」とのこと。

・・・なるほど。

実際、Twitterなどでもそういった意味合いのコメントも見かけます。

ということで、今回はAWAやLINE MUSICで配信していない曲でも、本当にYouTubeでは聴くことができるのか調べてみました。

聴きたい曲がないのか、オリコンランキングから調べてみた

今回調べるにあたって、「聴きたい曲」を定義する必要があります。

いまさらオリコンのランキングをあてにするのも微妙ですが、今回は2016年12月時点でのオリコン上位楽曲がAWAやLINE MUSICでは配信されているのか、YouTubeで聴くことができるのか調査しています。

いってみましょう。

AWA、LINE MUSIC、YouTubeで聴ける音楽を比較


名前 LINE MUSIC AWA YouTube
二人セゾン:欅坂46
Give Me Love:Hey!Say!JUMP x x 違法アップロード
僕以外の誰か:MNB48 x x ◯(Short)
NOROSHI:関ジャニ∞ x x 違法アップロード
Coming Over:EXO ◯(Short)
God's S.T.A.R:QUARTET NIGHT x x
Winter Wonderland:SHINee
世界に一つだけの花:SMAP x x 違法アップロード
Vintage & New, Gift Shits:Hi-STANDARD x x x
恋:星野源 x x ◯(Short)
名前 LINE MUSIC AWA YouTube
ドドンコ Don't worry:BOYS AND MEN 研究生 x ◯(Short)
Don't be Afraid:L'Arc-en-Ciel x x ◯(Short)
無敵*デンジャラス:B-PROJECT x x 違法アップロード
サヨナラの意味 :乃木坂46
抱きしめたい:チャン・グンソク ◯(Short)
Valkyrie:あんさんぶるスターズ! x x
サマカニ!:THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS x x ◯(Short)
Go! Go! Let's Go!:E-girls
君への手紙:桑田佳祐 x x
恋☆煌メケーション:SUPER☆GiRLS ◯(Short)

本当に全部YouTubeにあった・・・。

なるほど・・。

違法アップロードされた動画やshortバージョンなど含んでしまいますが、確かに全部YouTubeにありました・・・。

これでは確かに定額制音楽配信サービスには「聴きたい曲がない」言われても仕方ないかもしれませんね。

というか、オリコン上位の曲ってほとんど配信されてないんですね。

YouTubeにはないけど、AWAやLINE MUSICで聴くことができる曲を探す

「これではダメだ」と思い、反対にYouTubeにはないけど、AWAやLINE MUSICで聴くことができる曲も探してみました。

・・・結果、もちろんそういった曲もたくさんありましたよ。

YouTubeにはShort版しか公開されていないけれど、定額制音楽配信サービスではフルで聴くことができる曲もたくさんあります。

お金を払ってAWAやLINE MUSICで聴ける曲が、無料のYouTubeで聴けないのは当然といえば当然ですけどね・・・。

せめてYouTubeで聴ける曲は配信するべき

長くなってしまいましたが、AWAやLINE MUSICが流行らない理由は、やはり「お金を払っても聴きたい曲が少ないから」ということでしょうね。

無料のYouTubeで聴ける音楽が有料のAWAやLINE MUSICで聴くことができないのであれば、心理的にお金を払う気にはならないと思います。

ジャニーズのように(違法動画は考慮せず)、YouTubeにすら楽曲を公開していないアーティストは理解できますが、YouTubeに無料でMVを公開しているアーティストは、定額制の音楽配信サービスでも楽曲を配信するべきです。

僕自身は、定額制音楽配信サービスに満足していますが、このくらいをして、レーベルやレコード会社・事務所などが本気でサブスクリプション型の音楽配信サービスに取り組まないことには、AWAやLINE MUSICといったサービスが本格的に流行らないと感じました。

スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。