ジブリ曲のEDMアレンジ「HAPPY PARTY EDM」を聴いた感想

スポンサーリンク

賛否両論あるかもしれませんが・・・。

スタジオジブリ作品に登場するテーマ楽曲がEDM風にアレンジされた「HAPPY PARTY EDM!~STUDIO GHIBLI BEST~」が、12月21日に発売されました。

パッケージメディアだけでなく、Apple MusicやGoogle Play Musicといった定額制音楽配信サービスでも視聴ができますので、早速全曲聴いてみたので感想を書いてみます。

いってみましょう。

いかにもなEDM系にアレンジされている全10曲

今回発売されたHAPPY PARTY EDM!~STUDIO GHIBLI BEST~」は、TOKIAM TOKIO、mi-on、山口慎太郎、中野雄太、東匠、Tastugooといったサウンド・クリエイターが手がけています。

バウンス系などのトラディショナルなEDMから、ハードスタイルやハウス系など、それぞれ独特な雰囲気が出ているアレンジになっていますね。

収録曲

  • 01. 風の伝説(『風の谷のナウシカ』より)
  • 02. 海の見える街(『魔女の宅急便』より)
  • 03. 君をのせて(『天空の城ラピュタ』より)
  • 04. 風のとおり道(『となりのトトロ』より)
  • 05. もののけ姫(『もののけ姫』より)
  • 06. あの夏へ(『千と千尋の神隠し』より)
  • 07. 旅路(夢中飛行)(『風立ちぬ』より)
  • 08. 人生のメリーゴーランド(『ハウルの動く城』より)
  • 09. 崖の上のポニョ(『崖の上のポニョ』より)
  • 10. 帰らざる日々(『紅の豚』より)

トレイラー


HAPPY PARTY EDM!~STUDIO GHIBLI BEST~

「HAPPY PARTY EDM」を全曲聴いてみた感想

ということで、早速全曲聴いてみた感想ですが、僕の気に入った順に楽曲を簡単に紹介していきます。

あくまで僕個人の感想なので、参考までにしてみてください!

それではいってみましょう

あの夏へ(『千と千尋の神隠し』より)

めちゃくちゃいいアレンジ。

なんなら、このままジブリの曲として使われていてもおかしくないくらい良い雰囲気が出ています。

EDM色が一番薄いので、こてこてのEDM好きって人には物足りないかもしれないけど、優しい気持ちになれる一曲です。

本当に良いナンバー。

風のとおり道(『となりのトトロ』より)

本来僕があまり好きではないバウンス系EDM特有のフレーズと、誰もが知っているトトロのメロディーラインが合わさって、なかなか素敵な感じになっています。

単純に僕がトトロのテーマ曲が一番好きなだけかもしれませんが、良い感じです。

帰らざる日々(『紅の豚』より)

王道のEDMアレンジで、本当に「ジブリをダンスミュージックにしてみました!」って感じの一曲になっています。

ビッグルーム的なサウンドがメインですが、途中で静かに落としてみたり、ドラムンベースを絡めてみたりと、一曲通して楽しみながら聞くことができました。

もののけ姫(『もののけ姫』より)

イントロの雰囲気に少しハウスっぽさが出ているけれど、基本的には「これぞEDM」と言えるバウンス系のフレーズをメインにアレンジされているナンバー。

好みにもよると思うけど、王道サウンドが好きな人にとっては良アレンジだと思います。

風の伝説(『風の谷のナウシカ』より)

イントロはかっこいけど、そのままピアノで弾いてるので、そこが好きだからEDMアレンジで気に入ったというのも微妙かも。

曲全体は王道EDMな仕上がりになので、純粋なEDM好きには万人受すると思います。

崖の上のポニョ(『崖の上のポニョ』より)

激し目のバウンス系にアレンジされているナンバー。聴く人によってはトラップと受け取るかもしれません。

原曲も明るい感じの歌でしたが、その楽しい雰囲気がアレンジにも出ています。

途中でダブステップっぽいフレーズとかも出てきて変化も楽しい感じです。

君をのせて(『天空の城ラピュタ』より)

メロディーラインを鳴らしている強い音色が印象に残りすぎて、あまり雰囲気が掴めなかったナンバー。

クラブや身内のパーティーとかでかけると盛り上がりそう。

海の見える街(『魔女の宅急便』より)

この曲も、メロディーラインを鳴らしている強い音色が印象に残りすぎて、雰囲気が掴めなかったナンバー。

原曲が好きなだけに、なんというか・・。

まぁ原曲原理主義者は、EDMとか関係なくアレンジ聴いちゃダメですね。

人生のメリーゴーランド(『ハウルの動く城』より)

トラップやハードスタイルに近いアレンジが印象に残る一曲。

だけども、原曲の良さが消えてしまっているなぁと感じてしまいました。

ハードスタイルが好きな人には合うナンバーかもしれません。

旅路(夢中飛行)(『風立ちぬ』より)

アルバムの中で最もEDMアレンジされているナンバーかもしれないけど、こちらも原曲の雰囲気からかけ離れていると感じました。

でも本当に一番EDMっぽい色は出ていますよ。

まとめると

いかがでしょうか。

やっぱりアレンジは好き嫌いが出てしまいますね。

とはいえ、パーティやクラブでは役立ちそうなサウンドばかりなので、興味があれば聴いてみてください。

Apple Musicで「HAPPY PARTY EDM」を聴く

LINE MUSICで「HAPPY PARTY EDM」を聴く

スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。