AWAのハイライト再生を聴いた場合の通信量を調べてみた

スポンサーリンク

先月11月にAWAに追加された新機能「ハイライト再生」ですが、通信量が気になったので調べてみました。

ハイライト再生の機能については別記事で紹介していますが、1曲あたり30秒〜1分30秒として、途切れ目なく音楽が再生される機能です。

先日Spotifyの通信量も調べたので、今回はAWAのハイライト再生も調べてみようという流れですが、その結果はいかに。

AWAの音質はどのくらい?

まず今回の調査にあたって、AWAが公表している音質とビットレートを確認です。

AWAでは無料プランでも有料プランでも、最大320kbpsの音質を提供しているようですが、これはWi-Fi利用時やPCを利用した場合のみです。

モバイルデータ通信である3GやLITE環境では、ストリーミングに3つのクオリティを使用していますね。

AWAのハイライト再生を聴いた場合の通信量は?データ量を測定!

ということで、公表されているビットレートから計算した理論上の通信量と、僕が実際に測ってみた通信量を書いていきます。

公表ビットレートから計算した理論上のデータ 通信量

まずは理論値ですが、モバイル環境におけるHightクオリティである「128kbps」で10分間音楽を聴いた場合を仮定してみます。

ざっくりですが、以下のような計算になりますね。

128[kbps]*10[分]*60[秒/1分] / 8[bit/Byte] = 9600[KB](約9.6MB)

このように、10分間AWAで音楽を聴き続けると、約9.6MBのデータ量を利用すると想定できます。

次に、実際に何度か測定したデータを紹介します。

実際に何度か測ってみたデータ量

僕はAWAのFreeプランなので、当然ハイライト再生しか利用できません。

適当なプレイリストを選択し、移動中に2回、家の中で1回、カフェでコーヒーを飲みながら1回の合計4回、それぞれ聴いた場合のデータ通信量です。

利用したSIMとスマートフォンはauのLTEプランでiPhone 6を使っており、測定した結果は以下のようになっています。

  • 【1回目は電車で移動中】:10分間で15MB利用
  • 【2回目はカフェで停止中】:10分間で17MB利用
  • 【3回目は電車で移動中】:10分間で18MB利用
  • 【4回目は自宅で停止中】:10分間で15MB利用

・・・理論値で想定していた「10分間で9.6MB」より少し多く、だいたい15MB〜18MBの間に収まりましたね。

勝手な想像ですが、ハイライト再生では、10分の間に6,7曲再生することになりますので、曲の読み込み時や繋ぎ目でデータ通信を行っている可能性が高いです。実際に読み込みは発生していましたし。

ハイライト再生の通信量は10分間で約15MB〜18MB、料金や通信制限に気をつけよう!

いかがでしょうか。

今回の検証では、「AWAのハイライト再生を聴いた場合の通信量は、10分で約15MB〜18MB」といえそうです。

先日Spotifyの通信量も調べましたが、やはり移動時や外出時など、3GやLTEといたモバイル回線でAWAのハイライト再生を利用する場合は、通信量に気をつける必要があります。

そしてWi-Fiを利用できる環境ならば、可能なかぎり利用したいですね。

僕は今のところAWAの有料プランに加入する予定はないのですが、機会があればスタンダードプランに加入し、1曲フルで聴いた場合の通信量も調べてみようと思います。

スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。