Apple MusicでONE OK ROCK(ワンオク)の楽曲配信が始まっていた

スポンサーリンク

定額制音楽配信サービス「Apple Music」にて、ONE OK ROCK(ワンオク)の楽曲配信が2016年11月14日から始まっていました。

今日気付いたのですが、1ヶ月以上前に追加されてた・・・。

遅すぎる紹介ですが、まとめておきます。

KKBOX、Spotifyに続き、3つ目のストリーミングサービスに対応!

今回Apple Musicでの配信が始まったことにより、ONE OKE ROCKは3つの定額制音楽配信サービスにて楽曲を提供することになりました。

僕は見逃していましたが、Apple Music JapanのTwitterが告知までしていましたね。

もちろん最新のアルバムから過去作品まで網羅して配信されていますし、Apple Musicがおすすめするプレイリストなどもあります。

聴きたい楽曲がない(ONE OK ROCKがない)からApple Musicには加入しないという人も少なからずいたと思います。

Apple Musicを初めて利用する場合は3ヶ月無料でトライアル利用ができますので、ONE OK ROCKファンはこれを機会にお試し利用できますね!

独占配信・コンテンツの取り合いは今後も続くか

ONE OK ROCKは、AWAやLINE MUSICといった国産の定額制音楽配信サービスでも楽曲を提供しておらず、KKBOXとSpotifyのみでストリーミングでの楽曲配信を実施していました。

(2017年1月11日追記:AWAでONE OK ROCKの配信が始まりました。)

何度か書いていますが、今や機能・サービス・価格面で横並びになっている定額制音楽配信サービス業界において、競合他社より優位に立つ戦略の一つとして「独占配信」は欠かせません。

今回Apple Musicが「ONE OK ROCK」の楽曲配信を取り扱い出したということは、Apple Musicの魅力を高めるとともに、KKBOXやSpotifyといったライバルの魅力を下げる意味も含んでいます。

結局のところ、インターネットの世界は「魅力的なコンテンツがあるところに人が集まる」ということに変わりはありませんので、今後も独占配信権の取り合いは続くと考えています。

アーティストからすると、特定のサービスに対して独占的に楽曲を配信することは、もはや何のメリットもないと思うのですが、それは別の機会に改めて書こうと思います。

いずれにしても、Apple Musicユーザーにとって今回のONE OK ROCK追加は嬉しい話です。

スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。