Google Play Music、ロケーション履歴での楽曲提案など開始

スポンサーリンク

Googleが提供中の定額制音楽配信サービス「Google Play Music」は11月14日(現地時間)、新しいプレリスト・楽曲レコメンド機能を実装しました。

機械学習にてユーザーの好みを学習し、ロケーションやアクティビティ、天気など様々な条件からおすすめのプレイリストを提供するようになっています。

合わせてWEB版やアプリ版のUIもクールなデザインにリニューアルされていますね。

ユーザーのライフスタイルを学習して音楽を提案

今回実装された機能では、Google Play Musicの学習が進むと、自宅でくつろいでいる時間帯、散歩をしている時間帯、通勤・通学の時間帯・初めての街を訪れた時など、ユーザーのあらゆる状態を認識し、おすすめの音楽を提案するようになったようです。

他にも、例えばジムでワークアウトする際のプレイリスト、日没時には空が赤くなった時に聴きたいプレイリスト、図書館で集中したいときのプレイリストなど、おすすめの音楽が動的に変化するようです。

まだリニューアルされたばかりですが、僕のGoogle Play Musicも「火曜日の午後に聴きたいプレイリスト」をおすすめしてくれました。(今日は火曜日の午後なので、当たり前かw)

UI刷新でスタイリッシュに。「ホーム」メニューも表示

今回のリニューアルに合わせてアプリ版・WEB版ともにUIが刷新されており、これまでよりグラフィカルでクールなイメージになっています。

過去のUIはオレンジ色と白色を中心とした少し野暮ったいデザインでしたが、色味や表現が豊かになり、Apple MusicやSpotifyといったライバルのようにスタイリッシュなUIになっています。

また地味に嬉しい変更ですが、これまで「トップチャート」と表示されていたメニューが「ホーム」表記に変わっています。

機能としては従来通り「ホーム画面」に戻るタブなのですが、わかりにくかった表記が解消されており個人的には嬉しいです。笑

今後も利用を続け、実際にどのように僕の行動を機械学習し、シーンに応じたプレイリストを提案してくれるのか、まとめてみようと思います。

Source:

Introducing the new Google Play Music

スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。