TuneCore Japan、OTOTOYへのハイレゾ楽曲配信を開始!

スポンサーリンク

TuneCore Japanは2016年10月31日より、オトトイ株式会社が運営するハイレゾ音源販売サービス「OTOTOY」に楽曲提供を開始したと発表しました。

今回の提携により、ハイレゾ配信ストアは「mora」「e-onkyo」「レコチョク」に加えて「OTOTOY」と、4サービスに自分の作成した楽曲を提供・販売することが可能になりました。

ハイレゾ配信・OTOTOYとは?

OTOTOYは、オトトイ株式会社が運営する「読んで」「聴いて」「買える」ミュージック・ダウンロード・サイトです。

音源をハイレゾ音源 (24bit/96kHz) で配信・販売が可能で、購入者はCDクオリティ(またはそれ以上のクオリティ)でデジタル配信の楽曲を体験をすることが可能になります。

PC、スマートフォンアプリ(視聴のみ)で利用可能となっており、「OTOTOY」を通じて高品質なハイレゾ音源を多くのユーザーにダウンロード販売することが可能です。

TuneCore Japan、OTOTOYへのハイレゾ楽曲配信を開始!

  • ストア名:OTOTOY
  • 配信地域:国内のみ
  • 配信形態:ダウンロード
  • 登録対象:シングル・アルバム

TuneCore Japanの紹介

このサイトでも、もう何回も何回もTUNECOREのこと紹介していますが、改めて(定期的に)紹介です。

TuneCore(チューンコア)とは、インディーズバンドや個人で製作した楽曲を世界中の音楽配信サービス向けに販売することができるサービス(アグリゲージョン・サービス)です。

今回楽曲の提供が始まった「OTOTOY」のような楽曲ダウンロード型のサービスだけでなく、先日日本でもサービスが始まった「Spotify」のような定額制音楽ストリーミングサービス向けにも、自分の楽曲を配信することができます。

こういったアグリゲージョン・サービスの魅力は、各音楽配信サービスと個別に手続きを行う必要がなく、TuneCoreを通すことで、一括して手続きが完了し、多くのダウンロード・ストリーミング型配信サービスに、自身の楽曲を配信が可能になる点です。

まだ利用したことがないというインディーズバンド・楽曲製作者の方は、この機会に利用してみてはいかがでしょうか。

Source:

『OTOTOY』 への楽曲提供を開始! - TuneCore Japan

スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。