LINE MUSICで曲検索ができる「LINE MUSIC Search」の使い方

スポンサーリンク

先日LINEが公開した「Messaging API」の機能を活用したBOTに、LINE MUSIC内の曲検索ができる「LINE MUSIC Search」なるBOTが登場していましたので、今回はその使い方を簡単に紹介してみます。

アーティスト名や曲タイトルだけでなく、歌詞の一部など入力することで楽曲を検索できるので、なかなか便利です。

スポンサーリンク

LINE MUSIC Searchの使い方

それでは、さっそく「LINE MUSIC Search」を使ってみます。

①LINE MUSIC Searchのアカウントと友達になる

最初に「LINE MUSIC Search」のBOTと友達になる必要があるのですが、僕はここでつまづきました。

なぜか「LINE MUSIC Search」でアカウント検索をしても出てきませんし、公式アカウントの一覧にもありません。「LINE notify」とかは公式アカウントなのに。。

仕方がないので「LINE Business Center」の公式サイトにアクセスし、下の方へスクロールしていき「LINE MUSIC Search」と友達になりました。

Messaging APIのご紹介 | LINE Business Center

②「LINE MUSIC Search」とのトークで楽曲を検索してみる

「LINE MUSIC Search」と友達になった後は、トークすることで楽曲を検索することができます。

「名前で検索」「歌詞で検索」といった楽曲検索の他にも、「ランキング」や「あなたへのおすすめ」など調べることもできます。

③試しに、歌詞を入力して調べてみる

ということで、よくありそうな歌詞を入れて調べてみました。

すると該当の歌詞を含む楽曲が検索できますね。

検索例にあるように、「アーティスト名+歌詞」で調べると、より正確な検索結果になりそうです。

④「あなたへのおすすめ」も使ってみる

「あなたへのおすすめ」をクリックすると「#foryou」と会話し、僕へのおすすめアーティストが送られてきました。

・・・・結果は、何を基準に選ばれているのか謎ですが、おすすめらしいです。

僕は「LINE MUSIC」を、それほどメインに使っていないので、精度の高いレコメンドではないのかしれませんが、普段から利用している人には、良いレコメンドが返ってくるかもしれません。

まとめると

いかがでしょうか。

テレビを見ていたりして、「この歌なんだっけ?」とか「この歌詞なんて曲?」と気になるシーンは結構あります。

そういった時に歌詞を入力するだけで楽曲を検索でき、さらにはLINE MUSICで楽曲を聴くことができますので、なかなか便利な機能ですね。

スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。