AWAが8月の楽曲再生数ランキング発表、1位はJustin Bieber

スポンサーリンク

AWA株式会社は2016年9月26日(月)、定額制音楽配信サービス「AWA(アワ)」における、「2016年8月の月間楽曲再生回数ランキング」を発表しました。

今回発表した「2016年8月の月間楽曲再生回数ランキング」では、Justin Bieberの「Sorry」(2015年11月13日リリース)が、初の1位を獲得しました。

Justin Bieberは2016年8月13日・14日に、3年ぶりとなる来日公演を千葉・幕張メッセにて開催しましたが、開催日が近づくにつれ徐々に「AWA」内での再生回数を伸ばしたほか、ユーザーが来日公演に先駆けて予習プレイリストを作成するなどして、再生回数を伸ばしたようです。

約1年ぶりに洋楽が1位に


AWAでは、これまでも月間楽曲再生数ランキングを発表していましたが、僕の調べた限りだと洋楽が1位になるのは、2015年10月にJustin Bieberの「What Do You Mean?」が1位になって以来、ほぼ1年ぶりではないでしょうか?

AWAは日本サービスなので当たり前といえば当たり前ですが、今年に入ってからは「西野カナ」や「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」などが、ずっと1位になっていました。

そんな邦楽アーティストを押しのけての1位なので、やっぱりJustin Bieberの人気もすごいですね。

アーティスト別再生回数ランキングでは、AAAが第1位


また、「2016年8月のアーティスト別再生回数ランキング」では、AAAが第1位となっています。

「AWA」では2016年8月17日(水)よりAAA女子メンバー宇野実彩子さん・伊藤千晃さん(MisaChia)がキラキラと輝く恋心を歌ったラブソング「Jewel」を独占先行配信しました。

この先行配信をきっかけに、新曲だけではなく、これまで同アーティストがリリースした過去の人気楽曲に関しても、配信前と比較し2倍以上の再生されるなど、AAAは8月の1カ月間で最も多く再生されたアーティストとなったようです。

「アーティスト別再生回数ランキング」」は、これまで発表されていませんでしたので、今後も継続して発表されるのでしょうかね。

  • Source:

  • 音楽配信サービス「AWA(アワ)」が8月の月間楽曲再生回数ランキングを発表 8月に来日公演を開催したJustin Bieberの「Sorry」が1位を獲得
    スポンサーリンク
    この記事をシェアする
    おすすめトピック
    東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。