定額制音楽配信サービスの無料期間・料金・曲数を比較

スポンサーリンク

<2017年1月25日最終更新>

多くのサービスが登場している定額制音楽配信サービス界隈ですが、個人的感想や自分自身の備忘録も兼ねて、2016年11月時点での各種サービスの無料期間や料金、曲数を比較しておきます。

今後も変わっていくとは思いますが、現時点でのまとめです。

スポンサーリンク

定額制音楽配信サービスの無料期間・料金・曲数を比較


項目 運営会社 月額料金 配信楽曲数 無料期間
AWA AWA 960円 3000万曲以上 30日間
LINE MUSIC LINE 1000円 2400万曲以上 30日間
Apple Music Apple 980円 3000万曲以上 3ヶ月間
Google Play Music Google 980円 3500万曲以上 30日間
Prime Music Amazon 年間3900円 100万曲以上 30日間
KKBOX KKBOX 980円 2000万曲以上 30日間
dヒッツ NTTドコモ 540円 350万曲以上 1ヶ月
うたパス KDDI(au) 324円 非公開(数百万曲) 30日間
スマホでUSEN USEN 529円 非公開(数百万曲) 3日間
Rakuten Music 楽天 980円 300万曲以上 1ヶ月間
Spotify Spotify 980円 4000万曲以上 30日間

※LINE MUSICは時間無制限のプレミアムプラン。その他サービスも学割やファミリープランは除外。

AWA

無料期間が30日間あるので気軽に試せます。無料プランでできることもありますが、月額980円のSTANDARDプランに入るとフルで音楽を聴くことができます。詳細はこちらも参考に。


LINE MUSIC

初めて利用する時には、30日間の無料チケットがついてくるので、有料期間の使い勝手を試すことができます。また、無料でも30秒間は音楽を聴くことができ、LINEプロフィールのBGM設定など「LINE」と連携して利用する人向け。


Apple Music

3ヶ月間の無料トライアル期間が魅力的。洋楽のラインナップはもちろん邦楽ラインナップもそこそこ。iPhoneユーザーなら迷わず選択してよいかも。

Google Play Music

最大級の3,500万曲以上配信は魅力的。無料期間も30日間あるので、聴きたい音楽があるか試してみることも可能。僕はGoogle Play Musicのユーザーです。

Prime Music

曲数は100万曲と少ないけれど、そもそもがAmazon Prime会員向けのサービスなので、Prime会員であれば追加料金無しで利用できる点が素晴らしい。Amazonヘビーユーザーなら迷わず利用を。

KKBOX

なぜかあまり知名度がないけど、国内でも先駆けて定額制音楽配信サービスを初めていたKKBOX。若干邦楽ラインナップは苦しいものの、アカウントを登録せずに1ヶ月無料で利用でき、指定の決済方法を選べばさらに1ヶ月無料になるので、実質2ヶ月無料とも考えらます。

dヒッツ

月額540円(税込)と他サービスと比べて安いものの、楽曲数540万曲が厳しいところか。個人的にはドコモユーザーでない限り、 利用する機会はないと思う。

うたパス

こちらも月額324円(税込)と、競合に比べて格安な点が魅力的。しかしながら配信楽曲数は見劣りするので、やはりauユーザーでない限り、利用しないと思う。

スマホでUSEN

USENの格安SIMとのセットサービスなども行っているので、MVNOの格安SIM利用者で定額制音楽配信サービスを利用したい人向けかも。無料期間が3日間というのは寂しいところ。

Rakuten Music

後発サービスなので、月額980円で300万曲は少し寂しい。ただし楽天市場のクーポンや楽天ポイントとの連携など各種サービスがあるので、楽天ヘビーユーザーで定額制音楽配信も使ってみたい人にはおすすめかも。

Spotify

満を持して日本でのサービスが始まった世界最大の定額制音楽配信サービスです。現状、邦楽のラインナップは少ない気がしますが、無料でもラジオのように使えるので、気になる人はお試しを。

実際の配信曲数はいかに?

配信曲数について「3000万曲以上!」や「3500万曲以上!」の謳い文句はあるものの、実際重要になる点は、やはり自分の聴きたいアーティストが楽曲を配信しているかしていないかという点です。

各種サービスによってレコード会社やレーベル単位で配信していない場合などもあるので、まずは無料期間で聴きたい音楽があるか確かめることが重要ですね。

「AWA」「LINE MUSIC」「Google Play Music」「Apple Music」「Spotify」のみの比較ですが、過去記事も参考にしてみてください。

スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。