アマゾン、月額4〜5ドルの格安音楽サービスを準備中か

スポンサーリンク

米アマゾン・ドット・コム は、現在提供中のPrime Musicとは異なる格安の定額制音楽ストリーミングサービスを、月額4ドルか5ドルで提供する準備を進めていると海外メディア「Recode」が報じています。

月額10ドル前後の競合サービスであるApple MusicやSpotifyはいつでもどこでも、再生する機器を選ばず利用することができますが、このサービスはアマゾンが手がける独自のスピーカー「アマゾン・エコー」上でのみ利用可能になるようです。

ハードウェアとのセットサービス、一時代を築けるか?


今回の報道に関してアマゾンから公式の発表ありませんが、9月中のサービス開始を目指し、大手レコード会社やレーベルとのライセンス交渉を進めているようです。

昨日、ラジオ型の音楽ストリーミングサービス大手の「Pandora」がオンデマンド型の定額制音楽配信サービスに参入を目指しているとの報道もありましたが、また一つ新しいサービスが登場することになりそうです。

多くのサービスが登場する中で、競合との差別化の一つとしてアマゾンが選んだ道が「ハードウェアとのセットによるサービス」になりそうですね。

かつて、「iPod」と「iTunes」の組み合わせでデジタル音楽配信の世界で地位を築いたAppleの手法を繰り返そうというところでしょうか。

しかしながらそのAppleも、現在ではApple MusicをiPhoneだけでなくAndroid端末やPC向けにも開放しています。自社製品での独占提供だけでなく、窓口を広げてユーザー数を確保する戦略になっていますね。

どちらが成功するのか、ストリーミング音楽配信の世界を制覇していくのかは分かりませんが、日々進化していくデジタル音楽配信サービスからは、今後も目が離せません。

  • Source:

  • Amazon wants to sell a cheaper music subscription service that will only work on its Echo player
    スポンサーリンク
    この記事をシェアする
    おすすめトピック
    東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。