Facebook、音楽をシェアできる「Music Stories」を日本でも開始

スポンサーリンク

Facebook Japanは7月5日、Facebook上で音楽をシェアしたり30秒間試聴できる新機能「Music Stories(ミュージックストーリー)」の提供を日本でも開始しました。これは、2015年11月から米国向けには提供されていた機能ですが、ついに日本でも利用が可能になりました。

「dヒッツ」「AWA」「KKBOX」の楽曲をシェア!


今回発表された「Music Stories(ミュージックストーリー)」ですが、本日時点では「dヒッツ」「AWA」「KKBOX」の3サービスに対応しており、これらのサービスで聴いている楽曲をFacebook上でシェアすることができます。

僕も早速「AWA」で試してみましたが、簡単にシェアできますね。


他人がシェアした投稿も、Facebook上ではフィードに表示されて30秒間視聴することができるので、「この曲聴いてほしい!」といった投稿に「いいね」したり、コメントしたりできるようになっています。

LINE MusicやApple Musicは対応していない


Spotifyはそもそも日本でサービスを提供していませんが、Apple Musicについては海外で対応しているので、そのうち日本でも対応するかもしれません。

しかし、LINE MUSICは完全に競合サービスになるので対応しないのではないでしょうか。

そもそもLINE MUSICは、すでに友人が多く聴いている曲が分かる「フレンズ チョイス」という機能や、コミュニケーションツールである「LINE」を利用して、楽曲を共有できるようになっています。

また根本的な話ですが、「音楽をシェアしたい」と思うような年代(主に若年層)の人は、FacebookよりもLINEを普段使っていると思うのは僕だけでしょうか。

その一方で、30代が中心である僕の友人は、元バンドマンなど音楽仲間が多いにも関わらず、LINEで音楽を共有するということは、ほとんどありませんでした。そういった意味では、これまでは無かった「30代以降のFacebookユーザー間での音楽共有」という、新しいコミュニティができそうな気もします。

なにはともあれ、しばらく様子をみてみましょう。

  • Source:

  • Facebook、音楽をシェア・試聴できる機能を日本でも--「LINE MUSIC」との差別化は

    スポンサーリンク
    この記事をシェアする
    おすすめトピック
    東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。