QoN、キャッチーでメロディックな正統派ロック

スポンサーリンク

photo by Will Fisher

横浜発、2013年から現体制で活動しており、紹介時点で全員19歳のロックバンド「QoN(クオン)」さん。

とてもキャッチーでノリの良い王道サウンドが魅力的。

誰もが好むキャッチーな音楽


初めて聴いた感想を一言で言うと「すごく聴きやすい音楽」だ。「簡単」とか「シンプル」という意味ではなくて、本当にすんなりと自然に耳へ入ってくる。

ボーカルさんの声質も聴きやすくキャッチーな楽器隊と見事にマッチしている。楽器隊が意識的にそんな声質を引き立てるようなバンド・サウンドにしているのかもしれないが、本当に聴きやすい。王道構成で正統派のJ-Rockサウンドが耳に残る。

そして、19歳にしてこのサウンドクオリティは、本当に凄い。

僕が19歳の時は、ようやくコピーバンドからオリジナルバンドに転換していった時期だったけど、当時作った楽曲を今聴くと顔から火が出るくらいダサい曲で恥ずかしい。

それに比べて、このバンドさんのサウンドは本当にクオリティが高い。僕なんかと比べるのは失礼なくらいだ。

若さ溢れるメロディーと熱い歌詞は、万人受けするというか、多くの人に好まれる音楽だと感じたし、僕のようなおっさんにとっては少し恥ずかしいくらいエネルギッシュだけど、これは流行りそうな予感がするなぁ。

QoN - Anastasia-【Live Clip】


YouTubeにライブクリップが公開されているナンバー。

何度も書いているけど、本当に聴きやすい。

「少し重たいイントロメロリフからの落とした静かなAメロ」や「リードギターを効かせたBメロ」、「ボーカルだけを残して入るサビ」など、まさに王道のJ-Rock展開だけど、ストレートでそれが良い。

そして王道展開の中でも楽曲が単純で簡単にならないように、2番ではAメロのバッキングを巧みに変えたり、Aメロ終わりでサビに入ったり、サビの後には雰囲気の変わるCメロを入れたりと、曲のアレンジも非常に作り込まれている。

音楽のコア層である10代・20代の若者の琴線に触れるロックナンバーだ。

Anastasia


QoN - Prologue (Lyric Video)


Prologue


  • Official Website

  • QoN OFFICIAL WEB SITE
    スポンサーリンク
    この記事をシェアする
    おすすめトピック
    東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。