Mayhem;Overtime、何だか色気のある邦楽ロック

スポンサーリンク

2015年1月から東京にてライブ活動をしている「Mayhem;Overtime(メイヘム・オーバータイム)」さん。

なんやこれ・・・メンバーが「ドラム(dr):ササハラ(ドラえもん)」とか「ギターがレイヤーさん」とかで色物系バンドかと思ったら、むちゃくちゃカッコいいじゃないか。

個性的なメンバーさんが印象に残るのもさることながら、ストレートだけど色気のあるロックを演奏する楽器隊とボーカルさんがヤバい。

エッジの効いた邦ロックと色気のあるボーカル


あえて言おう、僕は男だけどボーカルさんに惚れた。

もちろんギターの「みさうさこ」さんは可愛い。そんなのは言わなくても、みんなそう感じているだろう。

むちゃくちゃ可愛い。

でも、2回目だけど、僕はあえて言いたい。

ボーカルさんのインパクトが半端じゃなくすごい。

顔のインパクトも凄いけど、優しい曲調から激しくメッセージ性の強い曲調、少しオシャレな曲調まで、いろんな雰囲気の邦楽ロックをセクシーにカッコよく歌っている。

僕は「バンドは、ボーカルの声質にあった曲調で作ることが大事」って考えているけど、このバンドさんは曲調に縛られていないんじゃないかなって思うくらい、ボーカルさんは色々な表現がある。

自分でもベタ褒めし過ぎている気がするけど、多くの人におすすめしたいバンドさんだ。

正解の終わり


1stシングル「Re;」に収録されているナンバー。

この曲を聴いてバンドさんを知ったけど、本当に歌い出しからボーカルさんの声がツボ過ぎる。

書くの3回目だけど、ボーカルさんに惚れた30歳過ぎの男が、何度も「男に惚れた」とか書いて本当に申し訳ない。

楽曲自体は王道中の王道を地で行く邦楽ロックで、曲の程よい空気感が魅力的。

特にギターサウンドでは、リードとリズムに分かれている部分だけじゃなくて、お互いがバッキング・リフを弾いている部分でもオクターブや音色を使い分けたりしていて、空気に厚みがある。

正解の終わり


心、泡沫


4月20日にMVが公開されたばかりで、ジャキジャキのカッティングから始まるオシャレロックなナンバー。

出だしは他の曲と比べてボーカルさんが落ち着いているけど、Bメロに入ってからは少しずつセクシーさが出てきて、サビに入ると僕の惚れた雰囲気が出てくる。

たぶんボーカルさんの声質が僕のツボにドンピシャなんだと思うけど、とにかく聴いてみて欲しい。

もちろんボーカルだけじゃなく楽器隊の演奏も素敵で、ダンスロックとまではいかないけど、心地よいアップテンポをタイトに打つドラムに合わさるカッティング系のギターとリードギターの空間が絶妙だ。

曲全体を通しても、イントロだけじゃなく要所に出てくるリズムギターとリードギターの掛け合いが気持ち良い。

曲構成は「Aメロ→Bメロ→サビ→Cメロ→ソロ→サビ」と、正統派の邦楽ロック構成になっていて素直に耳に入ってくるので、邦楽ロック好きにはオススメしたいバンドさんだ。

心、泡沫


  • Oficial Website

  • Mayhem;Overtime: メイヘム・オーバータイムのweb site
    スポンサーリンク
    この記事をシェアする
    おすすめトピック
    東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。