NOCHE BLANCA、癖になる音楽と歌声が気になる

スポンサーリンク

都内で活動中の4人組バンド「NOCHE BLANCA(ノーチェ ブランカ)」さん。
かなり印象に残るというか、癖になる音楽で頭から離れない。

機械を通したボーカルって好き嫌いがわかれるかもしれないけど、僕は気になる。

多彩に変化する楽曲の構成にハマった


音楽も絵画も同じ芸術なので、あえて「多彩」と詩的に表現してみた。

そんな表現とか要らないかもしれないけど、ここはあえて多彩と使いたい。

特にボーカルのフレーズ、同じ曲の中でもメロディーというより、ボーカルも楽器の一部として演奏に参加しているようなパートからメロディックなフレーズを歌う部分、機械を通した音声でまくし立てる部分など、いろいろな表現が出てくる。

同じ曲の中でも変化が激しく、全く読めない曲構成がクセになった。

いや、正直言うとこうだ。

1回目聴いた時:なんだこれ、曲展開激しいし、なんかボーカル不安になる。

2回目聴いた時:ん?意外とかっこいいな。

3回目聴いた時:あー、この音楽・この声クセになるわー。

ロックやポップというジャンルに当てはめることは難しいけど、そこがこのバンドさんの素敵なところだと感じているし、演奏もかっこいいバンドサウンドなので、はまる人ははまるバンドさんだと思う。

それでいて、王道構成の楽曲も作成されているようなので、これからの活動が気になる。

虚憶へ



悲劇なんて流行らない



初雪



  • Official Website

  • http://nocheblanca.net/
    スポンサーリンク
    この記事をシェアする
    おすすめトピック
    東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。