ライブハウス用の耳栓が登場!耳が痛い人に朗報

スポンサーリンク

photo by BenGrantham

ライブハウス用の耳栓「THUNDERPLUGS ライブハウスエディション」なる商品が、12月7日から東京都内を中心に25店鋪のライブハウスで販売開始されました。

これ、いいですね!

これまでも「音響外傷防止用イヤープロテクター THUNDERPLUGS」という同様の商品が販売されていましたが、今回はライブハウス用として作られた特別仕様になっています。

なぜライブハウスで耳栓が必要か?


「せっかく音楽を聴きにライブハウスに行くのに、なんで耳栓?」って、思いますよね。

でもライブハウスに行ったことがある人は経験があると思いますが、会場内は思っている以上に爆音が鳴り響きます。そして応援しているバンドを見ようと前の方に行ったり、スピーカーの前なんかを陣取ってしまった場合は、かなりの音量が耳に入ってきます。

ライブハウスを出た後も、しばらく「キーン」とした耳鳴りが取れないということもよくありますよね。

それ、はっきり言ってかなり耳への負担になっています。

実際に、WHO(世界保健機構)が「音楽は1日1時間を推奨する」とも公表しており、同時にライブハウスのように100dB以上の音が出ている環境では、15分くらいが耳にとって安全な視聴時間だと発表しています。

ライブハウスに15分しかいない・・・ってのは、なかなかありえない時間ですよね。普通に好きなバンドだけでも30分くらいはいますし。

そんな環境で、大切な耳を守るということは非常に重要です。

僕も昔バンドをやっていた時、自分の出番までに大音量を聴いてしまうと音がよくわからなくなるので、ステージに立つまで100均で売っている耳栓をつけていましたが、その時は防音し過ぎで、音があまり聴こえてきませんでした。(対バンさんには申し訳なかった。。。)

今回の商品がどのくらいの性能なのかは使っていないのでわかりませんが、「ライブハウス用」として販売されていますので、試してみる価値はありそうですね!

  • Source:

  • 【ライブハウス共同企画】Thunderplugs販売開始のおしらせ ライブハウスで耳栓してもいいんです!
    スポンサーリンク
    この記事をシェアする
    おすすめトピック
    東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。