GoogleがYouTube Redを発表、Music keyはどこへ・・?

スポンサーリンク

米国時間の10月21日、Googleは月額9.99ドル(約1,200円)で、広告なしでYouTubeを利用できる有料サービス「YouTube Red」を発表しました。

このサービス、まずは10月28日からアメリカで開始され、その後世界展開されるようです。

機能追加やオリジナルコンテンツも配信予定


「YouTube Red」では、既にYouTubeに公開されている音楽PVなどの動画を広告なしで視聴できる点が魅力的ですが、今後(2016年から)は、オリジナルのコンテンツも配信していく予定としています。海外では人気のYouTuberである「PewDiePie」や「The Fine Brothers」といったクリエイターの作品など、独自コンテンツにも力をいれていくようです。

その他にも、YouTube Music Keyで提供されるとされていた、動画のオフライン再生やYouTubeアプリのバックグラウンド再生などにも対応すると、合わせて発表されています。

Meet YouTube Red


YouTube Redの加入者はGoogle Play Musicも利用可能


まずはアメリカの話なので日本ではどうなるのかわかりませんが、Googleから発表された原文のアナウンスを見ると以下のようになっています。

YouTube Red works with Google Play Music, so subscribe to one and automatically get access to the other.

そのまま訳すと、「YouTube Redの加入者はGoogle Play Musicも利用可能で、どちらか一方に加入すれば、それぞれにアクセスできる」ですね。

ということは、Google Play Musicの加入者は、そのままYouTube Redが利用できるんでしょうか?

主語が「Youtube Redの加入者は〜」となっているので、Google Play Musicの加入者がそのままYouTube Redを利用できるのか少し気になります。

海外のGoogle Play Musicは、「All Access」という名称がついており、今回のYouTube Redと同じ月額9.99ドルで展開していますが、そもそも日本で展開しているGoogle Play Musicは、海外でいうAll Accessと同じなんでしょうか?

僕はGoogle Play Musicに加入していますが、どこにもAll Accesの名称が無いので気になります。

このあたりは、YouTube Redも日本から利用できるようになることを期待して、継続して調べようと思います。

ちなみに、現時点(10月21日)でYouTube Redにアクセスすると、「現在YouTube Redは日本ではご利用いただけません」と表示されますね。

参考:YouTube Red


YouTube Music Keyはどこへ・・?


これまで「YouTube動画のオフライン再生やYouTubeアプリのバックグラウンド再生」といった機能は、「YouTube Music Key」の名称で説明されており、年内にもこのサービスを開始すると言われていました。

そういった機能が今回「YouTube Red」として提供されるわけですが、「YouTube Music Key」はどうなったのでしょうか。

この点については、今回の発表内で「YouTube Music」として、音楽に特化したアプリが提供されると言及されています。

公式発表によると、「これまでのYouTubeアプリに比べて、より簡単に、音楽を見つけたり聴いたりできるようにデザインされたアプリ」とのことです。

同時に、YouTube上にある豊富な音楽カタログを利用し、カスタマイズされた音楽の旅ができるとも案内されていますね。Google Play Musicのレコメンド機能と同じようなものでしょうか。

うーん、、正直、いろんなアプリが増えてややこしい。

いずれにしてもまずはアメリカで10月28日からです。

今後の動向にも注目していこうと思います。

  • Source:

  • YouTube Red, A $9.99 Site-Wide Ad-Free Subscription With Play Music, Launches Oct 28

    Meet YouTube Red, the ultimate YouTube experience
    スポンサーリンク
    この記事をシェアする
    おすすめトピック
    東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。