無料の音楽ストリーミングサービス「Aurous」が始まる

スポンサーリンク

前から注目していましたが・・・音楽業界にとってまたしても脅威となるサービスかもしれません。

2015年10月10日、アルファ版ではあるもののPC向けにアメリカ発「Aurous」というアプリケーションの提供が開始されました。

Aurousとは


Aurousは、簡単に言うと無料で利用できる音楽ストリーミングサービスです。

Apple MusicやGoogle Play Musicは有料のサービスですが、このAurousは無料で利用できます。

なぜ、無料なのかって?

このアプリの仕組みとしては、利用しているユーザーにAurousが直接音楽を提供しているわけではありません。

YouTubeやSound Cloudといった120以上の無料音楽ストリーミングサービスにアップロードされている音楽コンテンツへの”リンク”をデータベース化し、ユーザーに提供しています。

そうすることにより、自分たちが音楽ファイルは一切持たず、またアップロードする必要もなく、無料で音楽を提供することができるようになっています。

違法ではないの?


BillBoardの開発車インタビューによると、違法なファイル共有サイトからはストリーミングしていないと言っています。しっかりとライセンスされたサイトが公開しているAPIのみ参照しているといいます。

でも、正直YouTubeなどにも違法な動画は山ほど上がっているので、かなり微妙ですよね。

しかし、このアプリ開発者の言い分としては、「自分たちではコンテンツを持っておらず(ホストしていない)、あくまでリンクを紹介しているというだけ」ということです。

知らない間に違法な動画から音楽をストリーミングしていても、日本においては法律上、YouTubeなどのストリーミングサービスは違法ダウンロード禁止法の範囲外となっていますが、やっぱりグレーですよね。

国内で似たようなサービスは


日本でも「Music Box」という無料の音楽ストリーミングアプリが有名で、利用している人も多いかもしれません。

これも仕組みとしては大枠同じで、あくまでコンテンツのリンクを紹介しているだけということです。

今のところアプリの利用自体に違法性はありませんが、音楽もこれからストリーミングが主流になっていく時代、このあたりの動きは大きく変わりそうです。

今や音楽業界においてなくてはならないYouTubeも広告なしの有料化サービスへ切り替える「YouTube Music Key」への動きなどありますし、「音楽は無料で聴くもの」という時代から、また大きく変わる日もそう遠くないかもしれません。

  • Source:

  • スポンサーリンク
    この記事をシェアする
    おすすめトピック
    東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。