Fated Lyeno、APPS PLAYINGで音楽アルバムを販売

スポンサーリンク
2008年に和歌山で結成、何度かの活動休止やメンバーチェンジを挟み活動をしているエモ・パンクロック系バンド「Fated Lyeno(フェイテッドライノ)」さん。

僕のブログ、普段は関東圏を拠点に活動しているインディーズバンドさんを主に紹介しているが、今回「音楽アルバムをスマホアプリでリリース」というニュースを見たので、どうしても紹介したくなった。

音楽をスマホアプリという形で販売する


今回「Fated Lyeno(フェイテッドライノ)」さんは、音楽コンテンツをスマホ用のアプリとして販売するサービス「APPS PLAYING」を利用した第1号サービスとして、過去作や未発表曲を含む「Fated Lyeno complete app」をリリースしました。

レコードがCDになり、CDがデジタル音源のダウンロードになり、最近では定額制のストリーミング配信になるなど、音楽を提供する形は常に変わってきましたが、また新しい形としてスマホアプリで販売されるようになりました。

この「APPS PLAYING」では、収録された音源だけでなく、歌詞やライブ写真、ブックレットといった様々な要素がパッケージ化されているようで、いまや多くの人が持ち歩くスマートフォンの中に好きなアーティストの情報がまとめて入るようになっています。

驚き、アップデートで新曲を追加!



「APPS PLAYING」の機能として、今回の『Fated Lyeno complete app』でも、後日のアプリアップデートにより未発表曲が3曲追加されると案内されています。

これ、地味に凄いですよね。

仕組み的に、もともとアプリ内に取り込み済みの音源を可視化するアップデートが行われるのか、それともアップデートを行うことで単純に音源が追加されるのかは分かりませんが、もし後者の仕組みが実現できるのであれば、例えばアーティストの公式アプリなどを作成すれば、常に新曲をアプリ内に販売・配信し続けることができます。

さらに有料/無料の選択やファンクラブ会員の有無などコントロールすることができれば、新しい音楽提供の形としてのスマホアプリは、かなり広い可能性を秘めている気がしました。

今のところiOS8.0以降のiPhoneやiPad向けのアプリのみとなっているようですが、今後も「APPS PLAYING」を利用して音楽をアプリで販売するアーティストが増えそうですね!

Fated Lyenoさんの曲もエモくてカッコイイ


気になるFated Lyeno(フェイテッドライノ)さんの楽曲ですが、パンクロックとエモを合わせたような音楽です。疾走感のあるロックナンバーに変則的なジャズコードやリズムパターンが入っており、感情的なニュアンスが出ています。

iTunesでの販売やApple Musicでストリーミング配信されていますので、是非聴いてみてください!

the lost song


  • Source:

  • Fated Lyeno Official Website

    あたらしい音楽のたのしみ方 「APPS PLAYING」 がスタート
    スポンサーリンク
    この記事をシェアする
    おすすめトピック
    東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。