Apple Musicの有料会員数は650万人と公式に発表

スポンサーリンク

いやー、、ウワサの倍に近い数字でしたね。

参考: Apple Music、10月以降の有料会員数は350万人?

いろいろなところで噂されていた定額制音楽配信サービス「Apple Music」の有料会員数ですが、ついにアップルのCEOであるティム・クック氏が、ウォルストリートジャーナルのカンファレンスで「有料会員数は650万人だ」と、公式に発表しました。

これだけ残っていれば、かなりの大成功ではないでしょうか。

無料も含めた会員数は1,500万人以上


今回の有料会員数の発表に合わせて、「さらに850万人のユーザーが無料のトライアル期間中にいる」とも発表していますので、有料と無料を合わせると1,500万人は会員がいることになります。

CNETによると、この結果を受けてクックCEOは「大変嬉しく思っている、素晴らしい滑り出しだ」ともコメントしていますので、Appleとしてはそれなりに手応えを感じているということでしょうか。

I think it’s fabulous, and to have over 15 million on there, and 6.5 million in the paid category, I’m really happy about it. And I think the runway here is really good,” said Cook.

Source:CNET

しかし、やめている人もけっこういる?


確かに順調に会員数は増えていると思いますが、「サービス開始1ヶ月にあたる7月末の時点で、1,100万人が会員」との発表もありましたので、単純計算すると、そこから2ヶ月半で会員数が400万人増えたことになると思います。

が、サービス開始1ヶ月後の時点で1,100万人ですよね。。

そして、本日時点でトライアル期間中のユーザーが850万人。。

サービス開始1ヶ月以内に会員になった人は、大部分が無料のトライアル期間を終了していますので、結構やめてしまったユーザーも多いのではないでしょうか。

でも、それは反対に考えると、8月以降に会員になったユーザーもそれだけ多いということにもなります。

しばらくは会員数が落ち着かないとは思いますが、現時点での有料会員が650万人ということで、ひとまずサービスとしては成功したということでしょうね。

  • Source:

  • Apple Music: 6.5m people have paid for first month of streaming service
    スポンサーリンク
    この記事をシェアする
    おすすめトピック
    東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。