嘘とカメレオン、おしゃれでポップな音楽

スポンサーリンク

photo by Taryn

2012年結成の5人組ポップバンド、「嘘とカメレオン」さん。都内だけでなく、全国のライブハウスで活動されている。

またしてもだが、最近はジャンルを問わずに女性ボーカルのバンドさんに惹かれる傾向がある。なぜだろう。自分では特段何かあったとは感じていないけれど、年齢を重ねることだったり、何かのきっかけで音楽の嗜好も変わってくるのだろうか。

それはまたの機会があれば纏めるとして、今回は「嘘とカメレオン」さんの楽曲を2曲紹介する。

惑星少年


キラキラとした明るい音楽と独自の世界観に魅力を感じる一曲。

演奏はとても安定してるし、綺麗なフレーズや表現が多いが、特にBメロ部分のニュアンスが個人的お気に入りだ。しかし何よりもボーカルのメロディラインが、かなり独特の世界観を出していると感じた。

初期楽曲である「嘘とサカナ」とかは王道のポップスという印象があるけれど、この「惑星少年」とか、次に紹介する「盤下の詩人」とかを聴くと、楽曲はどれも惹かれるメロディばかりだ。

はっきりいって僕はメロディセンスとか全くなかったので偉そうなことは言えないけれども、ボーカルさんのキュートな声質とバンドが作り出す世界に引き込まれていった。

盤下の詩人


アップテンポで疾走感溢れるナンバー。YouTube上に音源が公開されている。

イントロ部分やAメロ部分において楽器隊が出すリフ、なぜだがわからないけど僕の感性に響いた。この、ちょっと怪しい雰囲気も出しつつ決して曲調が暗くならない感じがすごくイイ。繰り返しになるが、そこに重なるボーカルのメロディーフレーズもキャッチーで耳に残る。

そういった僕の好きなコード構成もあってかノリノリで聴いていると、急にサビに入って曲調がゆったりとする。イントロとサビだけバラバラに聴くと、同じ曲とは思えないくらい雰囲気が変わる。

正確には、サビ前に5拍子のキメをいれて、3拍子に落ち着かせからサビに入ることでゆったりとした印象を与えているのだが、よく聴かないと拍子が変わっていることにすら気づけないほど、かなり曲を作りこまれている印象だ。

その後も最後まで4拍子に戻ることはなく曲が続き、5拍子のキメでフィニッシュを迎えており、おしゃれでテクい楽曲構成という印象の一曲。

盤下の詩人


  • Official Website

  • http://usokame.jimdo.com/
    スポンサーリンク
    この記事をシェアする
    おすすめトピック
    東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。