東海道新幹線でAWA、LINE MUSIC、Apple Musicを試す

スポンサーリンク

タイトルの通りです。

世間のお盆休みとは関係なく、東海道新幹線を利用する機会があったので、新幹線の中でも定額制の音楽ストリーミングサービスを使えるか確認しようと思い、試してみました。

お盆休みの前に紹介できれば、読んでいただいている方の役にたてたかもしれませんが、ちょっと時期を逃してしまいましたね。。

果たしてその結果は。。

全サービス全く問題なく使えた!


今回試した環境は、東海道新幹線の東京〜新大阪間で、auのLTE、iPhone 6を利用しています。

その結果、静岡付近の長いトンネル内を 含む全区間において、問題なくサービスを利用することができました。

各サービス、音質設定は以下の通りです。

  • LINE MUSIC:ネット環境に応じた自動設定
  • AWA:Normal 96Kbps
  • Apple Music:設定無し

  • AWAは、もしかするとHigh 128Kbpsでもいけたかもしれませんが、今回は試していません。ミスった。

    また、それぞれのサービスを1台のiPhoneでバラバラに使っていたので常に接続していたわけではありませんし、時間帯や環境によって変わってくるかもしれませんが、今回は問題なく音楽を楽しむことができました。

    すごいのはauの電波やエリア?


    よくよく考えると、そういうことだと気づきました。

    ということで、auの公式サイトを確認すると、東海道新幹線は全区間トンネル内も含めて電波が届いていると案内されています。
    auなら、2015年3月14日新たに開業した北陸新幹線の駅含む、日本全国新幹線駅(105駅)はもちろん、東北新幹線・東海道新幹線・山陽新幹線の盛岡~東京~新山口間ではトンネル内含む全区間で安心して4G LTEをご利用いただけます。※2015年4月時点の情報です。

    引用元:ご利用いただける新幹線
    本当に便利な世の中になったと改めて感じました。

    今回はauのiPhoneしか持っていなかったのでドコモやソフトバンクは試せていませんが、下記のような記事も見つけました。

    2014年10月17日の記事ですが、紹介当時ではauが一番良かったみたいですね。

    参考:LTE電波調査隊:東海道新幹線・新大阪-東京 復路調査〜下りau、上りSoftBank、改善見えないドコモ

    ひたすら音楽を聴き続ける


    いやー、最高でしたね。

    これまでは自分で取り込んだ曲だけだったので「あ、この曲また聴いてるな」とかなっていたのですが、今回は「この新作アルバム出てるじゃん、聴いてみよう」と、2時間半の長旅中ずっと音楽を聴いて過ごすことができました。

    新幹線の中だとやることが少ないので、集中して新しい音楽を探せましたよ!

    ほんと、もう少し早くこの記事紹介したかったなーと思いますが、9月の連休や年末休暇の際には、新幹線の中で定額制音楽配信サービスを使い、充実した音楽ライフを試してみてください。
    スポンサーリンク
    この記事をシェアする
    おすすめトピック
    東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。