廻猫、切なさと深みのある3ピースロックバンド

スポンサーリンク

2010年に結成、都内だけでなく全国のライブハウスで活動している「廻猫(メグリネコ)」さん。既にワンマンライブや全国音源リリースも行っている、ギターボーカル、ベース、ドラムからなる3ピースロックバンド。

本当にかっこいいので、オススメだ。特にバンドマンが好きそうな音楽という印象。

声に渋さと深みがある


ストレートな僕の感想になってしまうが、ボーカルの声が好きだ。独特なこの感じがかっこいい。これは文章では説明できないので、「とにかく聴いてください」って丸投げな紹介になってしまうけど、そのくらい印象に残る。

「喉にひっかかった声」と紹介してしまうと正直に聞こえはよくないかもしれないが、どことなくそんな印象があって、それが声の切なさを引き出している気がする。お腹の底から叫ぶように声を出していることもあり、そのこともより切なさを強調しているようだ。

あとは、ビブラートの感じなども、よりこういった切なさの印象を強めているように感じる。

演奏に目を向けても、かなり凝ったアレンジをされていて聴いていて楽しい。特にベース好きの人にはたまらないベースラインがたくさん出てくる。

症候群


この曲の顔とも言えるベースラインから始まる一曲。

印象的なイントロから始まるAメロではドラムが疾走感を引き立て、そこからBメロを経由して加速してながら入っていくサビといった構成は本当にかっこいい。もちろん、サビはボーカルの声に引き込まれっぱなしだ。

そして1番終わりには、イントロのベースラインをギターと一緒にユニゾンするあたりが、さらに小洒落た印象を強める。

楽曲自体は、約3分30秒と短い楽曲だが、1番が終われば2番といった単純な曲構成ではなく、ここから間奏やCメロ、落としたサビからの大サビに入るなど、王道ではないアレンジもカッコイイ。

最後は、やはり曲の顔になっている例のフレーズで締めているあたりも、こだわりを感じた。


症候群


街平線



街平線


  • Official Website

  • http://megurineko.com/
    スポンサーリンク
    この記事をシェアする
    おすすめトピック
    東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。