アンプ選びや音作りの参考に、マーシャル公式YouTube

スポンサーリンク

こんなのあるんですね。全く知りませんでした。
見ている(聴いている)だけで、すごい時間が経ってしまいましたよ。

ギターアンプで有名なMarshall(マーシャル)ですが、YouTube上に公式チャンネルがありました。もしかしたら、すごく有名なのかな。でも、そんなに再生回数多くないんですよね。

最近も3ヶ月に1回くらいの頻度で更新もされているようで、全製品ではないものの色々な型番のデモなどが公開されています。何よりも嬉しいのは、出している音の設定まで細かに説明してくれている点です。

もちろん英語ですが、すごく分かりやすい動画で説明されているので、言葉が分からなくても全く問題ありません。

この記事にて紹介時点で137本もの動画が公開されており、アンプ購入とか考えていない人でも、見ている(聴いている)だけで楽しい動画がたくさんありますよ。

JCM900


スタジオとかでよく見るアンプヘッド。僕はギターはそこまで詳しくないんですが、人によると扱い難いらしい。個人で買うことは無いと思いますが、尖った音が分かる。

John 5 and his JCM900


AS100D


こちらはエレアコ用のアンプ。各種ツマミを設定したり、フェイズ・スイッチを押したりしながら、それぞれどんな音色になるか説明してくれています。

AS100D Demo


1973X


元祖マーシャル、ビンテージ・サウンドのアンプ。まぁ、結構お高い値段がするんですが、やっぱりかっこいい音が出ています。

1973X Demo


マーシャルアンプの製造工程


BGMとの相乗効果で、むちゃくちゃカッコよく感じる動画です。

The Handwired Series


  • マーシャル公式YouTubeチャンネル

  • insidemarshall
    スポンサーリンク
    この記事をシェアする
    おすすめトピック
    東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。