LINE MUSICの無料期間終了後に備え、チケットを購入する方法

スポンサーリンク

本日のプレスリリースにもあったように、公開8週間で740万以上のダウンロード数を記録している「LINE MUSIC」ですが、間も無く開始から2ヶ月が経ちます。

そうなんです、現在はトライアル期間として無料で利用できていますが、明後日8月9日の23時59分をもって、この無料期間が終了となります。

せっかくのサービスなので継続して利用しようと思ったところ、既にチケットが買えるではありませんか。

早速試してみたので、その方法をご紹介しようと思います。

<2015.08.10追記>

実際にチケットを使ってみた記事はこちら。

LINE MUSIC有料チケットの使い方、というか使ってしまった

無料期間終了後は、自動的に課金されるのか?

現在利用している人が最も気になる点だと思いますが、大丈夫です。

自動的に課金されることはありません。

これは、公式FAQにもそのように記載がありますので、安心して良いです。

いいえ。
無料トライアルキャンペーン終了後に自動的に料金が発生することはございません。
キャンペーン終了後にすぐに有料プランで使用したい方は、キャンペーン終了前にアプリ内、もしくはLINE STOREからチケットを購入ください。

引用:LINE MUSIC ヘルプ

チケットを購入してみる

実際に8月10日以降も利用を続けるにはチケットを購入する必要があります。

チケットの購入は、アプリ内の「メニュー」→「チケット管理」にて可能です。「チケット管理」に進むと、右上に「チケットのアイコン」があるのでタップします。

すると各種チケットが選べるようになっています。今回はとりあえず「20時間チケット」を購入することにしました。

学生の方は「学割」などもありますし、その他に「30日間チケット」などもあります。

詳しい料金は下記を参考にしてください。

<2015.09.18追記>

2015年9月24日より料金プランの一部変更が行われます。ベーシックプランにおける"追加10時間チケット"が廃止され、「ベーシックプラン」と「プレミアムプラン」、それぞれに用意された「学割価格」というシンプルな料金体系になります。

Androidの場合


iOSの場合


Google Playで手軽に課金

僕はGoogle Play上で「ソフトバンクまとめて支払い」を使えるように設定済みだったので、すぐに購入することができました。

これだけで終わりって思うくらいあっさりしていました。

初回購入者限定の無料チケットを入手

本日プレスリリースもありましたが、現在有料チケットを購入すると初回購入者特典として、30日間の20時間チケットを追加でもらえました。

これは、購入したチケットの有効期限の翌日から30日間、購入したものと同じプランを無料で利用することができるチケットのようで、購入者には自動的に付与されるようです。

僕は今回500円で、「実質20時間分*2」をゲットしたことになりますね。

まとめると

このように、手軽にチケットを購入することはできました。

8月9日までは無料期間が続いてチケットを使うことができないのですが、10日以降にまた試します。

体感的に20時間が物足りないのかどうか、実感してみます。

Source:

【LINE】「LINE MUSIC」、公開8週間でダウンロード数740万件、楽曲再生数10億回を突破、8月10日より、学割(300円~)含む各有料プランの提供を開始

スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。