勢いのある女性ボーカルバンド10選、邦楽インディーズロック

スポンサーリンク

photo by Camdiluv


本当に今のライブシーンには、熱い女性ボーカルによるロックバンドがたくさん出てきています。

それが分かるように、このサイトに訪れて頂く方の中には「女性ボーカル ロック」といった言葉で検索して、訪問していただいている方も多くいらっしゃいます。

いつも見ていただき、本当にありがとうございます。

ところがこのメディア、そういった人向けに細かなジャンル分けで情報がまとまっていないことに気づきました。構造やカテゴリ分けを見直さないといけないですね。

ですがその前に、このサイトをきちんと管理し始めてから約6ヶ月間の間に紹介したロック系の女性ボーカルバンドさんを、振り返りの意味も込めて再紹介しようと思います。一言で「ロック」といっても幅が広いので、今回は僕の独断と偏見で「パワーロック・エモ・ラウド系のバンドさん」です。

なお順番は僕的プレイリストということで、勝手にコンピレーション・アルバムをイメージして並べてみました。

それではいってみましょう。

スポンサーリンク

1. あいくれ


透明感のある女性ボーカルの声が素敵なバンドさん。


リビルド


2. NEKURA saw the Night View


キャッチーでメロディックな、エモ系バンドさん。


Start Line


3. Femtocell


インディーズとして紹介するレベルを超えている気もするくらい、勢いのあるバンドさん。ボーカルも当然かっこいいけど、ギターサウンドがお気に入り。


Born again


4. PHONICLINE


女性ボーカルの力強い歌声による、ストレートなロックバンドさん。
詳細記事でも書いたが、このバンドのベースさんのライン取りが好きすぎる。


Flames


5. touch my secret


キャッチーでストレートな王道ロックバンドさん。
攻撃的なギターリフや王道ソロのサウンドがカッコいい。


music


6. Far From Perfect


新しい邦楽エモ・ポップバンドさん。ロック色の強いパワーポップとも紹介できそう。
個人的に、今一番ライブを見に行きたい。


Look At Me Now


7. a DROP OF JOKER


今年の秋から東京にやってくるバンドさん。
一言で紹介すると「ヤバイ」。ガールズエレクトロ+メタルコアの先鋭。


Beat Maker


8. CREA


正統派のロックバンドさん。
往年のJ-ROCKを彷彿させるサウンドが特徴的。


REASON


9. Spiral Staircase


少し切ない声質の女性ボーカルが印象的なバンドさん。
ラウド系ロックだけど、なんとも言えない雰囲気が出ている。


Paperdoll


10. Dr.プラネット


今のシーンの最先端かもしれないバンドさん。
ラウドとは少し違うかもしれないが、中毒性のあるポップ・ロックが頭から離れない。


シリアルキラーナイト


女性ボーカルのバンドは、たくさんある!


今回は、「パワーロック・エモ・ラウド系のバンドさん」として振り返って紹介をしてみました。その他にもギターロックやポップ 系でもたくさんの女性ボーカルバンドやガールズバンドがインディーズシーンでは活動しています。

また記事が貯まってきたら振り返りつつジャンル分けして紹介をしてみようと思いますし、もう少し分かりやすいサイト構成も目指します。
スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。