BRAVE in HEAD、かなり男臭いロックバンド

スポンサーリンク

photo by Luke Price


都内を中心に活動しているロックバンド「BRAVE in HEAD」さん。
敢えて褒め言葉として言いたい、男臭いと。

ブルース・ロックのような音楽に、ハードロックっぽいギターリフを取り入れていて、なかなか新感覚な音楽だと思った。

ギターリフと声質のギャップ


聴く人によっては少し混乱するかもしれない、このミスマッチとも言えるギャップが良い味を出していると感じた。

公開されている曲を聴く限り、ギターリフは完全にハードロックだ。
途中で入ってくるギターソロもかなりハードロックっぽいが、洋楽ハードロックというよりは、80-90年付近のJハードロック、ラウドネスやSHOW-YAとかそういった音楽の影響を受けているのかもしれない。

しかし、ボーカルの声質やメロディフレーズは、ブルースのようなラインを辿っていて男くさい味が出ている。ハードロックやメタルのような要素はない。そういった独特な雰囲気に合っている歌詞も聞きごたえがある。

ある意味新しいジャンルというか、新しい曲調を作り出しているといったイメージを受けた。

マイソウル


かなりハードロックなイントロから始まる一曲。
ディストーションの効いたギターで奏でるブリッジミュートや、2番に入ってからの単音ギターもかっこいい。また、随所に出てくるピッキングハーモニクスがハードロックの印象を強めており、その他にもギターソロの入り方とかLAメタルにありそうだ。

とハードロックのように書いているが、先に紹介した通りボーカルはかなりメッセージ性の強い、いわゆるロックンロールを歌い上げているように聴こえる。

オフィシャルサイトにて音源が公開されているので、是非このギャップを聴いてみてほしい。

インパクト


YouTubeにMVが公開されている一曲。

イントロ含め、繰り返されるギターリフに惚れた。
この曲はハードロック色は全くといっていいほど出ておらず、楽器隊含めてブルースロックの要素が強く出ているように感じた。

タイトなリズムを刻み続けるドラムとベースに合わせて、ほぼ同じリフを繰り返すことで楽曲が構成されており、曲のインパクトが強い。

ハードロック色の強い曲とブルース色の強い曲と、どちらがこのバンドさんのメインなのかがわからないが、どちらもそれぞれ良い味を出している。

そして、とにかく共通して言えることは、「ボーカルの声が男臭くてかっこいい」

インパクト


  • Official Website

  • http://www.braveinhead.com/
    スポンサーリンク
    この記事をシェアする
    おすすめトピック
    東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。